09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Just don't leave me alone.

僕を一人にしないでくれ。

ジョン・ベルーシの最期の言葉。ジョン・ベルーシ(1949年1月24日 - 1982年3月5日)は、アメリカ合衆国の俳優、コメディアン。ブルースブラザースのジェイク役などで知られ、人気絶頂の最中に33歳という若さで逝去した。イリノイ州シカゴに、アルバニア系移民の子として生まれる。弟は俳優のジェームズ・ベルーシ。学生時代はアメリカンフットボールの選手として活躍。1971年にシカゴの即興コメディー劇団「ザ・セカンド・シティ」に出演し人気を博し、その後ニューヨークのオフ・ブロードウェイに進出し、チェビー・チェイスらとともに活躍する。また、1973年から1975年にかけて、ラジオ番組「ナショナル・ランプーン・ラジオ・アワー」に出演する。1975年に『サタデー・ナイト・ライブ』に、チェビー・チェイスやビル・マーレイらとともにオリジナル・メンバーの1人として出演したことで全国的な人気を博した。さらにその後、映画『アニマル・ハウス』や、『サタデー・ナイト・ライブ』をもとに生まれた『ブルース・ブラザーズ』のダン・エイクロイド演じる「エルウッド」の兄、「ジェイク」の役など複数の作品に出演し世界的な知名度を獲得した。またこれらの作品のほか、『1941』や『Oh!ベルーシ絶体絶命』など複数のコメディ作品にも主役や重要な脇役として出演し、アクが強く個性的な役柄を演じられる俳優として高い人気を誇った。『ブルース・ブラザース』のプロモーションで、1981年にダン・エイクロイドと共に来日を果たす。なお、その際には吉祥寺にあるライブハウスを訪れており、日本人バンドとのセッションも行った。人気絶頂期の1982年3月5日に、薬物の過剰摂取により、カリフォルニア州ロサンゼルス、ハリウッドの高級ホテル「シャトー・マーモント・ホテル・アンド・バンガローズ」の客室内で33歳の若さで死去した。

ジョン・ベルーシの出演した映画で一番有名なのは、『ブルース・ブラザーズ』でしょうか。この映画はアメリカのNBCの人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』の、同名の人気コーナーのキャストとバンドをベースに、ストーリーをつけて映画化したものです。ブルースやR&B、ソウルミュージックなどの黒人音楽に対するオマージュとして作られた作品で、1998年には続編として『ブルース・ブラザース2000』が制作されました。『ブルース・ブラザーズ2000』では、既に故人となっていたジョン・ベルーシとキャブ・キャロウェイ、ジョン・キャンディら以外のほとんどのキャストが再登場し、またB.B.キングやエリック・クラプトン等といった大御所ミュージシャン多数が新たに特別出演したことで話題となりました。ベルーシの最期は1982年3月5日に、コカインのヘロイン混合薬品(「スピードボール」)の過剰摂取で死にました。享年33歳。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/494-57c5204d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。