09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

いっぱい恋をしたし、おいしいものを食べたし、歌もうたったし、もういいわ。

越路吹雪の最期の言葉。越路吹雪(1924年(大正13年)2月18日 - 1980年(昭和55年)11月7日)は、元宝塚歌劇団男役トップスター、シャンソン歌手、舞台女優。本名、内藤美保子。旧姓の河野より愛称:コーちゃん、コッシー。東京府東京市麹町区(現・東京都千代田区麹町)出身。所属レコード会社は日本コロムビア→東芝音楽工業(現・EMIミュージック・ジャパン)。日本のシャンソンの女王。宝塚歌劇団男役スターとして戦中から戦後にかけて活躍した。宝塚歌劇団26期生。同期生に月丘夢路、乙羽信子、東郷晴子、大路三千緒らがいる。1951年(昭和26年)の宝塚退団後は、女優として主にミュージカルで活躍したほか、歌手としてシャンソンや映画音楽を多くカヴァーし、特にシャンソンにおいては岩谷時子とともに数多くの曲を日本に紹介した(同じく日本女性シャンソン歌手だった岸洋子は「聴かせる歌手」、越路は「魅せる歌手」と言われた)。1958年(昭和33年)にテアトロン賞、1965年(昭和40年)に第7回日本レコード大賞、1968年(昭和43年)に文化庁芸術祭奨励賞など、多くの賞を受賞した。宝塚OGの枠を超えて国民的人気を博したため、美空ひばりや吉永小百合と並んで女性アイドルの源流とみる向きもある(もっとも、吹雪・ひばり・吉永らの時代は日本の芸能人に対して「アイドル」という言葉は使われず、「スター」と呼ぶのが普通であった。)。映画は市川崑作品などに出演している。テレビの出演はほとんどしないことでも有名であったが、1964年(昭和39年)8月31日から始まった、フジテレビ系音楽番組『ミュージックフェア』の初代司会者でもある。また、希にテレビ出演する際は、「お久しぶりのテレビでございます」と、視聴者へ挨拶をしたこともあったという。私生活では1959年秋作曲家の内藤法美と結婚、夫妻に子はなかったが内藤とは越路自身の逝去まで連れ添った。プライベートでは家事の一切を吹雪が仕切り、特に掃除の腕前は素晴らしかったという。喫煙者であったことでも知られる。独身時代、三島由紀夫の恋人だったことがある。三島の母は、息子が吹雪と結婚するものと思い込んでいたようである。また、彼女のファンの1人が佐藤栄作元首相夫人の佐藤寛子で、後援会会長を引き受けていた。日生劇場でのリサイタルは、ほとんどが春、秋の2回で約1ヶ月におよぶロングリサイタルであった。舞台衣装はニナ・リッチとイヴ・サン=ローランのオートクチュールであり、ニナ・リッチの本店には、彼女の胴の木型がある。バッグが大好きで、エルメスやルイ・ヴィトン、フェンディなどを愛用していた。パリのエルメス本店で革の手袋を購入する際に「全色頂くわ!」と言った話は有名である。また、パリの有名店では「マダム内藤」で通っていた。面倒見も良く、多くの芸能人から慕われた。宝塚歌劇団在団時、同期生である月丘夢路がぬきんでた美貌を嫉妬されて他の生徒から深刻ないじめにあっていたが、見かねた吹雪に救われたことを月丘本人が後年になって明かしている。肝の据わった女性と思われがちだが、さすがにリサイタルの直前は極度の緊張におそわれたという。そのため、緊張を紛らせるために煙草を燻らせ、コーヒーを飲んで、リサイタルに臨んでいた。ステージに出る際は緊張も極限に達し、マネージャーの岩谷時子から背中に指で「トラ」と書いて貰い、「あなたはトラ、何も怖いものは無い」と暗示をかけて貰ってからステージに向かっていた。晩年の1980年(昭和55年)6月、西武(現・PARCO)劇場の出演中激しい胃の痛みを訴え、公演終了直後に緊急入院。胃潰瘍との診断を受け、7月8日に東京都目黒区の東京共済病院で、胃の5分の4を切除する大手術を受けた。術後の復帰を目指してリハビリに励んだが、その後も入退院を3回繰り返すものの、ついに助からなかった。56歳没。彼女の本当の病名は胃潰瘍ではなく末期の胃癌で、腹膜にも多数の癌が転移していたが、最後まで越路本人には告知されなかった。死の直前、病床の彼女は意識が朦朧とする中で「法美さんにコーヒーを」と、最期まで最愛の夫を気遣った。彼女は両親と実兄を共に癌で亡くしている(越路死後であるが夫・内藤も癌の犠牲となった)ことから、自身も一番癌を怖れ毎年の癌検診を欠かさなかったが、亡くなる前年だけが多忙のため検査を先延ばしにしていたという皮肉な結果となった。越路の死に化粧は親友の一人で生前永きに渡り交際があった淡路恵子が担当した。

越路吹雪は昭和を代表する大スターです。吹雪の活躍の裏には、マネージャーとして最期まで支えた、作詞家翻訳家でもあった岩谷時子の存在が大きいです。岩谷は吹雪が歌うシャンソンなど外国曲の訳詞を担当し、吹雪の代表曲である「愛の讃歌」「ラストダンスは私に」「サン・トワ・マミー」などの優れた訳詞により多くのヒット曲を生み出しました。吹雪が亡くなるまで約30年間に渡りマネージャーを務めた岩谷でしたが、「越路のことが好きで支えていた」と語り、マネージャーとしての報酬は一切受け取っていなかったそうです。吹雪の最期の言葉は恋愛について述べていますが、吹雪は一時期三島由紀夫の恋人だったこともあります。有名な女優には破滅的な人生を送った人が多いですが、吹雪は夫とは最期まで仲が良かったです。彼女は自分の人生に満足したのでしょう、最期に残したのは満ち足りた言葉でした。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/497-6b4ce258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。