07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Hello.

グレアム・チャップマンの最期の言葉。グレアム・チャップマン(1941年1月8日 - 1989年10月4日)は、イギリスのコメディアン、俳優。グラハム・チャップマンとも。イギリスの代表的なコメディユニット、モンティ・パイソンのメンバー。1941年1月8日、レスターにて、警官の父親ウォルターと母親のエディスの次男として生まれる。ケンブリッジ大学で医学を学びながら、コメディーサークル『ケンブリッジ・フットライツ』のメンバーとしてスケッチ(コント)を書き、舞台にも立っていた。ここで、その後のパートナーとなるジョン・クリーズと出会う。クリーズの最初の印象では、「いけ好かない野郎」であったという。しかしその後二人はコンビを組んで、コメディー番組『ザ・フロスト・レポート』や『アット・ラスト・ザ・1948・ショー』に参加。そして他の5人のメンバーと共にモンティ・パイソンを結成する。1969年から1974年までBBCで放映された『空飛ぶモンティ・パイソン』は絶大なる人気を博した。同グループ製作の映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』、『ライフ・オブ・ブライアン』では主役を演じた。『モンティ・パイソン』後のソロ活動では『オッド・ジョブ』や『チーチ&チョン イエローパイレーツ』(タイトルにはチーチ&チョンとあるが、主演はチャップマンである)などを世に送り出したが、ヒット作には恵まれなかった。しかし、TV番組への出演や大学での講演会等を積極的に行い、健在ぶりを見せていた。普段は無口でシャイな紳士であったが、スケッチの作風は非常にアナーキー(故障した中古車を死んだオウムに置き換えるような)で暴力的であった。また、医者らしく『人生狂騒曲』の「臓器移植」のようなスプラッターな作品も多く残している。また、チャップマンにはひらめきの才能があった。脚本の執筆はほとんどジョン・クリーズが行っていたが、チャップマンがその場の思いつきで奇想天外なワン・アイデアを付け足すことで、非常におもしろいスケッチになることがよくあったという。1970年代にはアルコール依存症で仕事に支障が出ることもあった。メンバーは映画『モンティ・パイソン・アンド・ナウ』の撮影中、瓶一杯だったはずが半分にまで減っているジンを発見し、その深刻さに気付いたという。『空飛ぶモンティ・パイソン』の第3シリーズのころにはセリフを覚えられず、数10テイク取り直すこともしばしばであった。また、『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』の登場シーンを見ると、登山家のはずのチャップマンが岩肌にしがみつきながらふらふらしているのが分かる。これは役作りではなく、本当にまっすぐ立てなかったためである。しかしあるとき、酒を飲んだ後階段から落ち怪我をしたのをきっかけに、1977年のクリスマスに禁酒と禁煙を決め、映画『ライフ・オブ・ブライアン』では立ち直っている。しかし長年にわたる悪癖がそのころには体を蝕んでいた。当時のVTRや書籍などの中ではパイプを咥えている姿がよく見られる。パイソンズのメンバーは気づいていたようだが、チャップマンは自分がゲイであることは公表していなかった。1972年に『Gay News』というゲイの新聞のサポーターとなり寄付や投書をした。現代でこそ、ゲイ・バイセクシュアルであることを公にしている著名人も多いが、70年代にしてジョージ・メリー(ジャズミュージシャン)がホストを務めた番組でカミングアウトしたことは当時としてはセンセーショナルであった。その数日後に友人宅で開かれたパーティーにてデイビッド・シャーロックを自分のパートナーとして紹介。2人は1966年に出会っており、映画の脚本などを共同で執筆していた。また、2人は合法的に養子を迎えている。1989年10月4日、48歳の若さで死去。死因は喉頭癌とそれに伴う肺炎。彼の最期を看取ったのはパイソンズのメンバーだったジョン・クリーズとマイケル・ペイリン、パートナーのデイビッド・シャーロック、弟のジョンとその妻だった。テリー・ジョーンズとピーター・クックは同日見舞いには来ていた。人の死に目を見たことのなかったクリーズのショックは大きく、ほかの部屋まで付き添ってもらい休息しなければならない程だったと言われている。亡くなった日の翌日の10月5日は、奇しくも『空飛ぶモンティ・パイソン』が放送されて20年目のことだった。
葬儀は2ヵ月後に行われ、ジョン・クリーズが弔辞を読み上げた。その中には「Fxxk」や、そのほかの汚い言葉も使われていた(チャップマンが今際の際にクリーズに言伝ていたという前置きのもと)。その後、映画『ライフ・オブ・ブライアン』の劇中歌であった「Always Look on the Bright Side of Life」が、エリック・アイドルの伴奏で歌われた。死後、パイソンズ結成30周年直前のイベントにパイソンズが出席した際に司会者のロバート・クラインの「彼に会いたかった」という台詞を受け登場(骨壷入りの遺灰で)。しかし骨壷をギリアムに蹴っ飛ばされ会場一面に散布された(しかもその際パイソンズの面々が元チャップマンを集めるために使ったのはほうきに塵取り果ては掃除機という扱いであった)。またその際にジョン・クリーズは指を舐めて唾をつけると遺灰を口にしてマイケル・ペイリンに「食うな!」と言われている。自伝に『A Liar's Autobiography Volume IV』があり、自分がアルコール中毒から立ち直るまでの道のりなどが得意げにつづられている。2011年にはこの自伝の3Dアニメーション映画化が決定、アイドル以外のパイソンメンバーが製作に携わっており、また生前に録音された自身の肉声も使用される予定である。

グレアム・チャップマンは問答無用のコメディグループであるモンティ·パイソンのメンバーです。そのシュールな作風は、彼が名門ケンブリッジ大学の出身で医師免許を保有していたことを感じさせるほど、芸術的であるようなないような一種異様なものがありました。彼らの人気を決定付け、現在世界中で製作されている紺と番組の原型となったのが、1969年から1974年までイギリスのテレビ局 BBC が製作・放送された"Monty Python's Flying Circus"『空飛ぶモンティ・パイソン』です。同時代の事件や哲学に敏感に反応するとともに、同性愛や民族・宗教上の差異を扱ったきわどいネタも多く、そのナンセンスさと毒の強さは現在の目で見ても印象的です。とにかく何から何までコケにしてしまう凶暴なあのコントは、イギリス人にしかできません。今やったらおそらく許されないでしょう。その過激な作風から「パイソニア」と呼ばれる、熱狂的ファンが生まれ現在にいたるまで伝説的なモンティ・パイソンは伝説的なコメディグループとして不動の地位にいます。チャップマンの最期の言葉は、養子にした息子に病院で言ったものです。チャップマンの死因は脊髄ガンで1、奇しくも結成20周年の前日に亡くなり、これを機にパイソンズは解散状態となりました。最後に僕の好きなコントの動画をいくつかあげておきましょう。とにかく暴力的に何でも暴力的に笑いの種にしてしまう、イギリス人のブラックジョークを堪能してください。

Hilter in Britain! イギリスのヒトラー
http://www.youtube.com/watch?v=wbp0dKXDdDM

The Spanish Inquisition スペイン宗教裁判
http://www.youtube.com/watch?v=uprjmoSMJ-o

哲学者サッカー
http://www.youtube.com/watch?v=N7MlY56Gj3Y
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/500-c6a15afd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。