09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Was ist denn jetzt mit mir geschehen?

今私に何が起こっているのですか?

エリーザベト・アマーリエ・オイゲーニエの最期の言葉。エリーザベト・アマーリエ・オイゲーニエ(1837年12月24日 - 1898年9月10日)は、オーストリア=ハンガリー帝国の皇帝(兼国王)フランツ・ヨーゼフ1世の皇后。ハンガリー語名はエルジェーベト(Erzsébet)。「シシィ」(Sissi, Sissy, Sisi)の愛称で知られる。エリーザベトはバイエルン王家であるヴィッテルスバッハ家傍系のバイエルン公マクシミリアンとバイエルン王女ルドヴィカの次女として生まれた。幼少の頃は父マクシミリアンと共に街に出かけ、チター奏者に扮した父の傍らでチップを貰う少女に扮したり(もちろん住民は、王家に連なる極めて身分の高い公爵と公女であると知りつつも知らぬそぶりで歓迎していた。エリーザベトは後年、私が唯一自ら稼いだお金と言ってそのチップを大切に保管していた)、また狩りに行くなどしていた。王位継承権からは遠く公務とは無縁の彼らは、自由を満喫していた。そんな生活が終わるのは、1853年8月、本来エリーザベトの姉ヘレーネの見合い相手だった、母方の従兄である皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に見初められ、求婚されたからである。エリーザベトは婚約が決まった翌日からお妃教育を受けさせられたが、不真面目で勉強嫌いの彼女は何度もヒステリーを起こしていたという。しかし、彼女にとって生涯忘れられない出会いもあった。お妃教育の一環として彼女に広大なオーストリア帝国の歴史を教えたマイラット伯爵は、彼女が最初に出会ったハンガリー人だった。伯爵は共和制の素晴らしさを彼女に密かに吹き込む等、彼女に多大な影響を与えた。1854年4月、エリーザベトは16歳で結婚、オーストリア皇后となった。しかし、自由人だった父の気質を多く受け継いだ彼女は、母方の伯母で姑であるゾフィー大公妃がとりしきる宮廷の厳格さに耐えられず、人前に出る事を極度に嫌がり宮廷生活や皇后としての義務や職務を嫌い、大西洋に浮かぶマデイラ諸島などに療養に行く、夫に同行してイタリアを訪問する、あるいは個人的に旅行に出かけたり病院を慰問したりと、生涯に渡り様々な口実を見つけてはウィーンから逃避し続けた。特にエリーザベトが心安らぐ最高の場所としたのは、当時オーストリア帝国の一部であったハンガリーであった。ゾフィー大公妃がハンガリー人嫌いだった事もあり、エリーザベトは死ぬまでハンガリーを熱愛し続けた。穏健独立派のハンガリー貴族ジュラ・アンドラーシ伯爵と知り合い、1866年の普墺戦争敗北を受けて、翌1867年にハンガリーの自治権を認めたアウスグライヒ(妥協)を締結するにあたっては陰の推進者の役割を果たした。アンドラーシはアウスグライヒ後のハンガリー王国の初代首相、帝国外相となる。エリーザベトの晩年最大の悲劇は、息子ルドルフ皇太子の自殺であった(1889年、暗殺説もある)。夫の死後喪服を着続けた女帝マリア・テレジアに倣い、その後彼女は死ぬまで喪服を脱ぐ事はなかった。1898年9月、旅行中のジュネーヴ・レマン湖のほとりで、イタリア人の無政府主義者ルイジ・ルケーニに鋭く研ぎ澄まされた短剣のようなヤスリで心臓を刺されて殺害され、その生涯を閉じた。

王家の人たちは美化されるのが普通ですが、エリーザベトは当時のヨーロッパ宮廷一といわれた美貌に加え、身長172cmと背が高く、ウエスト50センチで体重は50キロという驚異の体形の持ち主でした。彼女は美貌と痩身であることに執念を燃やし、過酷なダイエットや美容方法でそれを維持し続けました。マイラット伯爵の影響と、これまた美貌で知られるゾフィー大公妃への反発からか、ドイツ王家出身で皇后でありながら、君主制・貴族制度の否定や王侯貴族に対する激しい憎悪を表しました。また「革命詩人」と呼ばれるハインリッヒ・ハイネを好み、彼の事を深く尊敬し「師」と呼びました。しかし一方で彼女の生活は贅沢を極め、宝石・ドレス・名馬の購入や、若さと美しさを保つ為の桁外れの美容への出費、ギリシアのコルフ島に絢爛豪華な城「アキレイオン」の建設、彼女個人あるいは皇室の所有するあらゆる宮殿・城・別荘の増改築、彼女専用の贅を尽くした船や列車を利用しての豪華旅行などを税金で行っていました。しかも生来の気まぐれな性質から一箇所にとどまる事ができず、乗馬や巨費を投じて建てたアキレイオン等にもすぐに飽きるというありさまでした。エリーザベトは皇后でありながら君主制を否定した「進歩的な女性」と評されることもありますが、実際の彼女は尊大、傲慢、狭量かつ権威主義的であるのみならず、皇后・妻・母としての役目は全て放棄かつ拒否しながら、その特権のみほしいままに享受し続けるという、自己中心的で傍若無人な振る舞いが非常に多く、当時のベルギー大使夫人は、「この女性は本当に狂っています。こんな皇后がいるのにオーストリアが共和国にならないのは、この国の国民がまだ寛大だからです」と書いています。ただしハンガリー統治に関しては非常な関心と情熱を傾けたため、過去に近隣の大国に翻弄され、分割・被支配と様々な苦難の歴史をたどったハンガリーが、現在平和な独立国家となった礎を築いた人物として、今もハンガリーの人々には慕われています。エリーザベトの最期は暗殺でしたが、殺したルイジ・ルケーニはイタリアの無政府主義者で、「国王暗殺者集団」の一人でした。ルケーニは警官からエリーザベトの死を知らされると大喜びし、「俺は心臓を狙った。満足だ」と誇らしげに答え、供述書には「働かざる者食うべからず」というフランスの古い労働運動のスローガンを引用しました。彼は仕事もせずに国民の血税で豪奢に暮らす、権力者である王侯を激しく憎悪し、「王侯を殺したかった。王侯なら誰でも良かった」とも話しています。彼は死刑を希望しましたが、裁判で終身刑の判決を受け11年の獄中生活を送り、独房の中で回顧録を書いた後、ベルトを使って首吊り自殺しました。エリザベートはミヒャエル・クンツェが脚本・作詞を担当し、シルヴェスター・リーヴァイが作曲して制作されたミュージカル『エリザベート』のモデルとなりました。この作品は生涯を通じて束縛を嫌い、自由を求めた美貌のオーストリア皇后・エリザベートが、自分とかかわる周囲の者を巻き込みながら、死への誘惑と闘いつつ生き、最後に暗殺されるという物語を、暗殺者の視点から語ったミュージカルであり、1992年9月3日に、オペラ演出家として名高いハリー・クプファーの演出により、アン・デア・ウィーン劇場で初演され大ヒットし、ハンガリー、オランダ、ドイツなどで続演され、ドイツ語ミュージカル史上屈指のヒットを記録しました。エリーザベトは非常に美人であったので、その外見を美化されることはありませんでしたが、彼女の自由奔放でかなり問題のあった人間性については、ミュージカルの中で美化されたようです。

ミュージカルの名作『エリザベート』を見てみたいという人は、以下のURLからどうぞ。日本語の字幕が付いてるので簡単に見れますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=3KD31817Tyw
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/516-62002b6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。