09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

嗚呼、抱非常之才、遇非常之時、無非常之功、有非常之死

ああ 大変な時期に たぐいまれなる才を抱き 大きな功績を残せず 無情の死

金玉均の墓碑銘の一説。金玉均(1851年2月23日(旧暦1月23日) - 1894年3月28日)は、李氏朝鮮後期の政治家。李朝時代後期の開明派として知られる。字は伯温(ペゴン、백온)、号に古愚(コウ、고우)。本貫は安東(新安東金氏)。忠清南道公州に生まれる。1872年に科挙文科に合格。朴珪寿、呉慶錫らの影響で開化思想を抱いた。1882年2月から7月まで日本に遊学し、福澤諭吉の支援を受け、慶應義塾や興亜会に寄食する。留学生派遣や朝鮮で初めての新聞である『漢城旬報』の発行に協力。日本の明治維新を模範とした清朝からの独立、朝鮮の近代化を目指した。1883年には借款交渉のため日本へ渡り、翌1884年4月に帰国。清がベトナムを巡ってフランスと清仏戦争を開始したのを好機と見て、12月には日本公使・竹添進一郎の協力も得て閔氏政権打倒のクーデター(甲申事変)を起こす。事件は清の介入で失敗し、わずか3日間の政権で終了した。井上角五郎らの助けで日本に亡命する。日本亡命中には“岩田秋作”と名乗っていた。日本では東京や札幌、小笠原諸島などを転々とした後、上海に渡る。1894年3月28日、上海で閔妃の刺客洪鐘宇(ホン・ジョンウ)にピストルで暗殺された。遺体は清国軍艦咸靖号で本国朝鮮に運ばれ凌遅刑に処された。その遺体はバラバラにされ、胴体は川に捨てられ、首は京畿道竹山、片手及片足は慶尚道、他の手足は咸鏡道で晒された。福澤諭吉は、上海で暗殺された金玉均の供養のために法名をつけることを真浄寺住職寺田福寿に依頼し、寺田はただちに福澤の要請に応え、「古筠院釈温香」という法名を付け、法要は東京朝鮮公使付通官山崎英夫や朴泳孝などを福澤邸に招いて営んだ。遺髪と衣服の一部は金玉均の護衛であった日本人和田延次郎が密かに日本に持ち帰り、宮崎滔天たちによって浅草本願寺で葬儀が営まれた。甲斐軍治によっても遺髪、衣服の一部が日本に持ち込まれ、東京文京区の真浄寺にその墓所がある。現在、同じ場所に甲斐軍治の墓もある。さらに、犬養毅、頭山満らの支援で東京の青山霊園の外人墓地に墓が建てられた。

金玉均は親日開化派の主導者で、閔氏政権打倒のクーデター甲申政変を起こした人です。当時の李氏朝鮮は、壬午事変(1882年(明治15年))で興宣大院君が清へ連れ去られており、閔妃をはじめとする閔氏一族は、親日派政策から清への事大政策へと方向転換していました。このままでは朝鮮の近代化はおぼつかないと感じた金玉均・朴泳孝・徐載弼らの開化派(独立党)人士らは、福澤諭吉や後藤象二郎らの協力を得て、日本と同じく君主を頂点とする近代立憲君主制国家の樹立をさせることを国王高宗に承諾させ、クーデターを起こしました。しかし袁世凱率いる清軍が王宮を守る日本軍に攻め寄りクーデター派は敗退すると、結局日本軍も撤退し、親清派の守旧派が臨時政権を樹立しました。開化派による新政権はわずか3日で崩壊し、計画の中心人物だった金玉均らは日本へ亡命し、残った開化派人士、及び亡命者も含めた彼らの家族らも概ね三親等までの近親者が残忍な方法で処刑されました。その後日本と清国の間に1885(明治18)年4月天津条約を結ばれ、双方とも軍事顧問の派遣中止、軍隊駐留の禁止、止むを得ず朝鮮に派兵する場合の事前通告義務などを取り決めました。その10年後、この事前通告に基づき清に続いて日本が朝鮮に派兵し、日清戦争の火蓋が切られるこになります。福澤諭吉らはこの事件により朝鮮・中国に失望し、福澤が主宰する『時事新報』は1885年(明治18年)2月23日と2月26日の社説に「朝鮮独立党の処刑」を掲載した。さらに、天津条約締結の前月の3月16日に有名な社説「脱亜論」を掲載し、8月13日には社説「朝鮮人民のためにその国の滅亡を賀す」を掲載しました。金玉均の最期は洪鐘宇により上海に誘引され、東和洋行ホテルで暗殺されました。洪鐘宇は清国警察の尋問に対して、「自分は朝鮮王の勅命で行動しており、金玉均は親日派として、逆賊であり清国の敵でもある」と述べたそうです。その後洪鐘宇は朝鮮政府の交渉により釈放され、帰国すると高宗から激賞され、守旧派の一員として要職に就き、開化派を弾圧しました。青山霊園の外人墓地にある金玉均の墓碑には朴泳孝の撰文、興宣大院君の孫である李埈鎔(イ・ジュンヨン)の書で上記の文章が書かれています。書かれている通り金玉均は、非常に有能な人物であり人格的にも優れていたようで、多くの日本人が彼に協力しましたが、その結果は芳しいものではありませんでした。彼は改革に失敗して暗殺されただけでなく、朝鮮独立後は親日派として祖国から半ば売国奴とみなされるという憂き目に会っています。この辺りの悲哀は、憂国の士としての悲劇の典型と言えるでしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/529-c7232080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。