07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

I'm going to heaven.

天国へ行くよ。

ボ・ディドリーの最期の言葉。ボ・ディドリー(本名:エラス・O・B・マクダニエル, 1928年12月30日 - 2008年6月2日)は、アメリカのロックンロール・シンガー、ギタリスト。ボ・ディドリー・ビートと称される強力なリズムを基調とした彼の独特のサウンドは、ブルースとロックンロールの掛け橋となり、チャック・ベリー、リトル・リチャードらとともにロックンロールの生みの親のひとりとして知られるようになった。ローリング・ストーンズやU2など、数多くのロック・ミュージシャンが彼から影響を受けている。1928年、ミシシッピ州マコムに生まれる。出生時の名前はエラス・オサ・ベイツであったが、生後まもなく、実母のいとこガシー・マクダニエルに養子に出された。このため、義理の母親の姓を名乗るようになる。1930年代半ばに、家族とともにイリノイ州シカゴに移住。最初に手にした楽器はバイオリンであった。12歳のときに姉のルシールからギターをプレゼントされ、ギターも練習するようになった。 彼の芸名となった「ボ・ディドリー」はこの頃生まれたものである。ジョン・リー・フッカーを耳にして感銘を受けたディドリーは、バイオリンを止めてギターに専念するようになっていった。10代の頃からギターを手に路上で演奏活動を展開し、1950年代に入ると、マラカスのジェローム・グリーン、ハーモニカのビリー・ボーイ・アーノルドらとプレイするようになる。そして1955年、チェス・レコード傘下のチェッカーと契約し、デビュー・シングル "Bo Diddley" b/w "I'm A Man" をリリースした。これがR&Bチャートのトップに昇りつめる大ヒットを記録し、一躍スターの地位を獲得する。同年、黒人アーティストとしては初めて『エド・サリヴァン・ショー』への出演を果たすが、番組側から指定された曲の演奏を断り、自らのレパートリーを演奏したことから、以後出演禁止となってしまった。以後、デビュー曲を越えるヒットは生まれなかったものの、"Crackin Up"(1959年, R&Bチャート14位)、"Road Runner"(1960年, 同20位)、"You Can't Judge A Book By The Cover"(1962年, 同21位)などのヒットを飛ばした。1967年の"Ooh Baby"(R&Bチャート17位)以降はヒットこそなかったものの、演奏活動を続けた。1987年にはロックの殿堂入りを果たした。来日は、1988年のロン・ウッドとのツアー、1992年のジャパン・ブルース・カーニバル、1997年の単独ツアー、2001年のブルーノート東京公演がある。1998年には映画『ブルース・ブラザース2000』に出演している。2003年8月号のローリング・ストーン誌上において、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」の第37位に選ばれた。80歳を目前に控えても精力的にツアーをこなしていたが、2007年5月13日、公演先のアイオワ州カウンシルブラフスで、脳卒中のため入院した。5月末には退院したものの、後遺症を改善するためにリハビリ・センターに入所した。2008年6月2日、フロリダ州アーチャーの自宅にて心不全のため死去した。79歳だった。

ボ・ディドリーはロックの生みの親の一人です。古いロックファンなら、彼の使っていた長方形のギターを覚えている人もいるかもしれません。彼の曲はコードやメロディーが非常にシンプルなものが多く、古き良きロックのリズムを今に伝えています。彼から影響を受けたミュージシャンは数えきれないほどいますが、エリック・クラプトン、エルビス・プレスリー、ビートルズらが特に有名でしょうか。彼は長方形のギターや、ジュピター・サンダーバードなどの自身の要望・デザインした奇抜なデザインの変形ギターをメーカーのグレッチに作らせて使用したことでも有名です。彼は最期の時に黒人霊歌の'Walk Around Heaven'を歌い、'wow'と言って親指を立てたそうです。そして上記の言葉を言って亡くなりました。葬儀の後追悼コンサートがゲインズヴィルのマーティン・ルーサー・キング・センターで行われ、ジョージ・W.ブッシュ大統領やエルヴィス・コステロ、ロニー・ホーキンズ、ミック・ジャガー、B.Bキングらから賛辞が寄せられました。

ボ・ディドリーの"Bo Diddley"を聞いてみたい方はこちらからどうぞ。

"Bo Diddley"
http://www.youtube.com/watch?v=Q3-rf4EgAm8
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/538-9ab057cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。