07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

It's me, it's Buddy... I'm cold.

それは私です。それは仲間です……寒い。

トルーマン・カポーティの最期の言葉。トルーマン・ガルシア・カポーティ(1924年9月30日 - 1984年8月25日)は、アメリカの小説家。1924年 ルイジアナ州ニューオリンズで、父アーチ・パーソンズ、母リリー・メイ・フォークの息子として生まれた。出生時の名前はトルーマン・ストレックファス・パーソンズ(Truman Streckfus Persons)。両親は彼が子供の時に離婚し、ルイジアナ、ミシシッピー、アラバマなどアメリカ南部の各地を遠縁の家に厄介になりながら転々として育った。その中には高齢者同士の孤立世帯や精神障害をもつ高齢者もあり、その当時の思い出は、『誕生日の子どもたち』という短編集に収められている。引越しの多い生活のため、ほとんど学校に行かず、独学同様に勉強した。母親は後年ジョゼフ・ガルシア・カポーティと再婚し、その後自殺した。彼はアラバマ在住当時、後年の女流作家ハーパー・リーと幼なじみで、リーの代表作『アラバマ物語』中の登場人物ディルは彼がモデルである。ちなみにこの作品は、映画化されてよく知られたものになり、原作自体も学校の教材として取り上げられることも多い。17歳で「ニューヨーカー」誌のスタッフになる。19歳の時に掲載された最初の作品『ミリアム』でオー・ヘンリー賞を受賞し、「アンファン・テリブル(恐るべき子供)」と評される。23歳で初めての長編『遠い声 遠い部屋』を出版し、若き天才作家として注目を浴びた。その後は中編『ティファニーで朝食を』が映画化されヒットするなど、1作ごとに華やかな話題をふりまき映画にも出演し、ノーマン・メイラーとともに作家としては珍しくゴシップ欄の常連になるなど、公私の両面で話題を振りまいた。1966年に発表した『冷血』では、実際に起きた一家殺人事件を題材にすることにより、ノンフィクション・ノベルという新たなジャンルを切り開いた。晩年はアルコールと薬物中毒に苦しみ、テレビで不可解な発言を行うなど奇行が目立ち始め、執筆活動も『冷血』以降は長編を一度も書き上げることがなく公私共に没落していく。遺作となった長編『叶えられた祈り』で事実を交えたかたちで上流社会の頽廃を描いたことにより、彼が懇意にされていたセレブリティからの反発を招き、作品も未完に終わった。1984年8月25日にカリフォルニア州ロサンゼルスの友人ジョーン・カーソンのマンションで心臓発作で急死し、カリフォルニア州ウェストウッドのウェストウッド・メモリアルパーク墓地に埋葬された。

カポーティの作品で一番有名なのは、間違いなく映画化された『ティファニーで朝食を』でしょう。オードリー・ヘプバーン主演で1961年に公開された、この映画を知らないという人は滅多にいないと思います。映画ではニューヨークを舞台に、自由奔放に生きる女性主人公と語り手の作家との恋を中心に描いていますが、原作の方はティファニーに象徴される経済的な発展と自由の貴重さを描いた作品となっています。実はこの映画は元々はマリリン・モンローが主演するはずだったのですが、彼女が娼婦の役を演じるのを嫌がって断ったために、まったく個性の異なるヘプバーンが主演を務めることになりました。そのためモンローのイメージに合わせて書かれていた脚本は、急きょヘプバーンの魅力が生かされるように書き直されたそうです。カポーティは11歳ごろまでに作家となると決め、19歳で作家として注目された早熟の人で、ジャン・コクトーの小説の題名にちなんで、「アンファン・テリブル(恐るべき子供)」と評されました。1957年に彼は来日しており、その際に三島由紀夫とも会っています。カポーティは三島を「おもしろい人であった反面、大変傷つきやすい人であった。」と評しています。彼の作品を原作とする少なくとも20の映画やテレビドラマが作られています。ノンフィクションの古典とも言える『冷血』を発表した1966年ごろが彼の創作の絶頂期でした。その後は作品を書くことも少なくなり、1970年代になると彼はテレビのトークショーに出演することで名声を保っていました。カポーティの最期は肝臓癌にかかり、「静脈炎および複合の薬物中毒による肝臓病」により亡くなりました。2005年、彼が犯罪ノンフィクション『冷血』を書き上げるまでを映画化した『カポーティ』が公開されました。この映画はアカデミー賞5部門にノミネートされ、フィリップ・シーモア・ホフマンが主演男優賞を受賞しています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/539-3808e4ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。