FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

Oh, you young people act like old men. You have no fun.

ああ、あなた達若い人が老人のように演じている。それじゃあ楽しくないでしょう。

ジョセフィン・ベーカーの最期の言葉。ジョセフィン・ベーカー(1906年6月3日 - 1975年4月12日)は、アメリカ・セントルイス出身のジャズ歌手・女優である。1937年、フランス国籍を取得している。「黒いヴィーナス」の異名をとった。ジョセフィンは、ユダヤ系スペイン人のドラム奏者エディー・カーソン(Eddie Carson)とアフリカ系アメリカ人の洗濯婦のキャリー・マクドナルド(Carrie McDonald)との間の私生児として、ミズーリ州セントルイスで生まれた。彼女は、非常に貧しい環境の中で育つ。1917年7月2日、彼女はセントルイスで人種差別を経験し、これが彼女が後に人種差別撤廃運動に熱心に肩入れする背景となる。13歳で、母親によりかなり年配の男性と結婚させられるが、数週間しか結婚生活は続かなかった。彼女のキャリアは、16歳でフィラデルフィアのスタンダード劇場でのデビューから始まる。その後すぐニューヨークに行き、ちょうど半年間アメリカを巡業していたボードビル・グループに参加。1923年-1924年、ニューヨークのでミュージカルコメディ「シャッフル・アロング(Shuffle Along)」でコーラスガールの役を得、その後、黒人のレビューグループ、チョコレート・ダンディーズ(The Cholocate Dandies)のメンバーとなる。ニューヨークのプランテーション・クラブに出演した後、1925年10月2日、パリのシャンゼリゼ劇場に出ていた「レビュー・ネグロ(黒いレビュー)」に加わることになる。このダンスで彼女は、初めてチャールストンを目の当たりにしたパリの観客をたちまち虜にしてしまう。アンドレ・レヴィンソンは、「ジョセフィンは、不恰好な黒人のダンサーだと思ったらとんでもない間違いで、彼女こそ詩人ボードレールが夢に見た褐色の女神」と熱狂して賛辞を送り、アーネスト・ヘミングウェイは「これまで見たことのある最もセンセーショナルな女性」と称えた。レビュー・ネグロは、さらにブリュッセル、ベルリンでも公演を行い、ドイツではベルリンのクァフュルステンダムのネルソン劇場で1926年1月14日にドイツでの初演を行っている。1926年-1927年、彼女はまさにフォリー・ベルジェールのスターだった。彼女は、ルイ・ケーナシャンの2つのレビューに出演、有名なバナナを腰の周りにぶら下げただけの衣装で踊った。1926年の末にベーカーは、それまでベーカーのショーの美術を手伝っていたシチリアの石工ジュゼッペ・ペピート・アバチーノと結婚し、世間の話題を一身に集める。当時ベーカーは、ラングストン・ヒューズやパブロ・ピカソ、アーネスト・ヘミングウェイなど同時代の作家、画家、彫刻家にとっての美の女神、大衆にとってのセックス・シンボルとなった。想像を超えたエロティックな衣装と踊りのために、ベーカーはウィーン、プラハ、ブダペスト、そしてミュンヘンの劇場で出演を禁止されてしまう。それほどまでにベーカーはセンセーショナルな存在になったのである。たちまちにしてフランスで最も成功したアメリカ人となったベーカーは、そのために祖国アメリカでは、人種的な差別、偏見に人一倍さらされることとなった。1936年にアメリカで「ジーグフェルド・フォリーズ」のショーでメンバーから外され、それにショックを受ける。また私生活でもあまり幸福ではなかった。アメリカにおける人種差別に嫌気がさしたベーカーは、1937年にフランスの市民権を取得する。ベーカーは第二次世界大戦後もフランスで生活していたが、1950年代にはアメリカの公民権運動の支援に手を貸している。また、ベーカーはさまざまな人種の12人の孤児を養子とし、人種差別に徹底して立ち向かった。こうした仕方で、ベーカーはまさに虹色のような家族を作り上げ、しばしば経済的な危機に瀕しながらもフランスの古城で生活を共にした。1951年に、ニューヨークのナイトクラブに客として入店しようとしたベーカーを拒否するという人種差別事件(いわゆる「ストーク・クラブ事件」)が起きた。この時、たまたま店にいあわせて、店側に猛然と抗議する彼女の様子を見た映画女優のグレース・ケリーは、初対面の彼女を庇って一緒に店を出て、自分のパーティーが終わるまで店に戻らなかった。これがきっかけで始まった2人の交友は、ケリーがその後モナコ王妃になってからも長く続くこととなり、経済的に危機におちいったベーカーを援助したりした。1956年にベーカーは舞台からの引退声明を発表したが、1961年には早くもカムバックし、1973年にはニューヨークで行われたカーネギー・ホールでの公演で大成功を収めている。またこの頃ベーカーは、1950年代後半からアメリカで活発になった人種差別撤廃運動、いわゆる公民権運動に協力し、1963年8月にマーティン・ルーサー・キングの呼びかけで行われたワシントン大行進にはハリー・ベラフォンテやマーロン・ブランド、チャールトン・ヘストンらとともに参加している。1975年4月8日に、フランスのパリでベーカーの芸能生活50周年を祝うショーの初日の公演が行われた。その直後に脳溢血に襲われ、4月12日死去した。ベーカーはモナコの墓地に埋葬されている。

ジョセフィン・ベーカーも人生と人となりは、「私は、舞台で野蛮人の役をやらされて以来、普段の生活では努めて文明人でいようと努力してきたの。」という彼女の言葉に要約されているでしょう。「黒いヴィーナス」「クレオールの女神」と称された彼女の美貌とセンセーショナルなセクシーさは、羨望のまなざしと差別に晒されました。ベーカーは戦時中に自由フランス軍の前面に出て、レジスタンス運動や秘密情報部の活動に携わり、戦後これらの功績によりレジオン・ドヌール勲章などを授与されています。また彼女は、フランスの戦没者慰霊碑にその栄誉を称えられた最初のアメリカ人でもあります。1950年代にはアメリカの公民権運動を支援しました。彼女の最期は、脳溢血によりベッドで倒れているところを発見され、病院に運ばれましたが1975年4月12日に68歳で亡くなりました。

ジョセフィン・ベーカーのダンスを見てみたいという方は、こちらからどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=xq6llYXfZeI&oref=http%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3Dxq6llYXfZeI&has_verified=1
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/570-26953708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)