07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

I die a Queen, but I would rather die the wife of Culpepper. God have mercy on my soul. Good people, I beg you pray for me.

私は女王として死ぬよりもカルペパーの妻として死にたいです。神よわが魂に語慈悲を。良き人たちよ。私のために祈ってください。

キャサリン・ハワードの最期の言葉。キャサリン・ハワード(1521年? - 1542年2月13日)は、イングランド王ヘンリー8世の5番目の王妃(1540年結婚、1542年離婚)。父は第2代ノーフォーク公トマス・ハワードの息子エドムンド・ハワード(第3代ノーフォーク公トマス・ハワードの異母弟)、母はジョイス・カルペパー。2番目の王妃アン・ブーリンの従妹に当たる。
生年ははっきりしないが、ジョアンナ・デニーは伝記『Katherine Howard』で、祖父母の遺言状を元に1525年という説を唱えている。父は戦場で名を上げたが、名門ハワード家の出といえど、数多い子供の下の方ということで、名はあるが実はなく、常に金に困っていた。持参金目当てで結婚しては妻を亡くすということを繰り返し、妻の連れ子も自分の子として育てたため、どちらの子供かもわからないハワード姓の兄弟がキャサリンには多くいた。時期は不明だが、ノーフォーク公爵未亡人で、父の義理の母に当たるアグネス・ティルニーに引き取られ、アグネスの屋敷(LambethとChesworthの2カ所)で公爵夫人の教育を受ける他の少女達と暮らすようになる。アグネスの目が行き届かず、少女達は恋人を共同寝室に連れ込むようになり、その際にキャサリンも音楽教師のヘンリー・マノックス、フランシス・デラハム、トマス・カルペパーと関係を持ったといわれる。キャサリンはまだ幼かった計算になる(10歳前後という計算さえ成り立つ)が、デニーによると、当時は10代前半で結婚することがよくあったため、キャサリンが性的に早熟だったわけではない。1540年、ヘンリー8世は前王妃アン・オブ・クレーヴズと離婚してキャサリンと再婚した。キャサリンはアンの侍女の一人だった。ヘンリーは年の離れたキャサリンを「私の薔薇」「私の棘のない薔薇」と呼んで可愛がった。しかし、キャサリンは前の恋人である従兄弟のトマス・カルペパーやフランシス・デラハムらと交流があったと国王の側近に訴えられ(カトリックのキャサリンは、家臣のうちプロテスタントの者に疎まれていた)、国王に「不義密通」を疑われ、逮捕された。キャサリン本人は密通を否定したが聞き入れられず、事実は曖昧なまま処刑された。同じく不義密通で訴えられた従姉のアン・ブーリンとは違い、有罪だったと当時も今も信じられている。処刑前には見物人に向かって演説をするのが当時の習慣だが、キャサリンは「トマス・カルペパーの妻として死にたかった」と言ったと伝えられる。キャサリンが夫ヘンリー8世に直訴しようとしたハンプトン・コート宮殿の廊下は、今もキャサリンの幽霊が無実を訴えようと出没する怪奇スポット「ホーンテッド・ギャラリー」(幽霊の廊下)として、世界的に知られている。ミサを聞いているヘンリー8世のいる部屋まで数メートルのところで、警備兵に捕まえられ、牢に連れ戻されたという話である。しかし、デイヴィッド・スターキーは著書の中で、直訴自体がなかったことを事実を並べて証明して見せた。アントニア・フレイザーの『ヘンリー八世の六人の王妃』によると、キャサリン・ハワードとはっきりわかっている肖像画はないとのことである。

キャサリン・ハワードは、1542年に王の護衛に逮捕され引きずり出される直前に、王の救いを求めてハンプトン・コート宮殿のロング・ギャラリーを悲鳴を上げながら走ったとされていますが、これは迷信です。しかしハンプトン・コート宮殿は、イギリス人の大好きな心霊スポットとして、今なお幽霊が出たという話が絶えません。アン・ブーリンの幽霊や、悪名高いヘンリー8世自身の幽霊が現れるという報告もあり、生前は色々ありましたが、今では幽霊同士仲良くしているのでしょう。キャサリン・ハワードの最期は、1542年2月13日に自分の処刑について"worthy and just" (価値があり正当である)という演説をした後、上記の言葉を述べてから首を刎ねられたそうです。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/571-d0b53098
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。