07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

No. I don't believe so.

いいえ、私は信じない。

ロック・ハドソン(1925年11月17日 – 1985年10月2日)は、アメリカ合衆国イリノイ州出身の俳優。本名ロイ・ハロルド・シェラー Jr.。1948年『特攻戦闘機中隊』でデビュー。ハリウッド屈指の二枚目俳優としての地位を確立し、『ジャイアンツ』(1956年)ではアカデミー賞にノミネートされ、『武器よさらば』(1957年)『お熱い出来事』(1964年)など多くの作品に出演した。193cmと大柄でありながら均整のとれた美しい外見で、まさに理想のアメリカ男性像として、存在感抜群の俳優であった。巨匠であったキューブリックの「2001年宇宙の旅」を鑑賞後、誰もストーリーの難解さを批判できない状況の中、「誰かこの映画が何が言いたいのか分かった奴はいるのか。俺はさっぱりわからん」と批判したこともある。1985年にAIDSに感染後、同性愛者(ゲイ)であることを公にした。同年AIDSにより他界。もっとも典型的なタフガイのイメージとして大衆に受け入れられていたので、同性愛者との告白は世間に大きな衝撃を与えたが、彼がゲイであることは共演者をはじめ、映画界ではもともと公然の秘密だったため、そのカミングアウトは演劇界で好意的に受け入れられた。。著名人としては世界で最初のAIDS患者となった。遺体は荼毘に付されて海に散骨されている。

ロック・ハドソンは193cmの長身に均整のとれた美貌を併せ持った、当時のアメリカで最も人気のあったスターでした。アメリカン・ヒーローであった彼が、自身が同性愛者であると告白したことは、世間に衝撃を与えましたが、映画業界では周知の事実でした。ハドソンが出演した映画でもっとも有名なのは、第29回(1956年)アカデミー監督賞(ジョージ・スティーヴンス)を獲得し、自身もアカデミー賞にノミネートされた『ジャイアンツ』でしょうか。女流作家エドナ・ファーバーが書き終えるのに12年間かかったベストセラー小説を映画化した、ジョージ・スティーヴンス監督の大河ドラマである本作は、ロック・ハドソン(当時28歳)、エリザベス・テイラー(当時23歳)、ジェームズ・ディーンの大スターが主役3名として出演しいます。この映画は2005年度には、アメリカ国立フィルム登録簿に新規登記されました。公には公表されませんでしたがハドソンは、1984年6月5日にエイズだと診断されました。ハドソンの最期は、1985年10月2日に自宅でエイズの合併症により睡眠中に亡くなりました。彼の遺体は死の数時間後に焼却されました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/591-312321f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。