07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Everybody has got to die, but I have always believed that an exception would be made in my case. Now what?

みんな死ななければならないのですが、私だけは例外であるといつも信じていました。だからどうすればいいのでしょう?

ウィリアム・サローヤンの最期の言葉。ウィリアム・サローヤン(1908年8月31日 - 1981年5月18日)はアメリカの小説家・劇作家。アメリカの庶民を明るく書いた。サロイヤンとも表記する。トルコ東部から1905年にアメリカへ移住したアルメニア人の末子として、カリフォルニア州のフレズノに生まれた。一歳半のとき父を喪い、4人の兄姉とオークランドの孤児院に入り、5年後、女工の母に引き取られた。学業半ばの12歳のときから、電報配達や新聞売り子などで稼いだ。作家を志し、1930年ころから、雑誌や新聞に書いた.。1934年(26歳)、ストーリー誌(Story)に載せた『空中ブランコに乗った若者』によって知られ、以降、庶民の哀歓を、平易な文体で、明るくほろ苦く綴り続けた。映画の台本も書いた。1938年30歳のときの『わが心高原に』と、翌年の『君が人生の時』がブロードウェイであたり、1940年、後者に演劇部門のピューリッツァー賞が与えられたが、辞退した。同年出版の『我が名はアラム』は各国語に翻訳され、日本でも、真珠湾攻撃直前の1941年11月に、清水俊二の訳書が六興出版から刊行された。1943年(35歳)、シナリオを小説にした『ヒューマン・コメディ』を2月に出版し、翌月映画が公開され、1944年、それによりアカデミー最優秀脚本賞を受けた。これは『町の人気者』の題名で、1947年日本に公開された。1943年、まだ19歳だった女優のキャロル・マーカスと結婚し、2児を得たが、彼の性格と生活態度が原因で、1949年離婚し、1951年復縁し、そして翌年離婚した。サローヤンはまさに作家の絶頂期にあったが、キャロルによると無類のギャンブル好きで、暴力も激しかった。子供たちは、母親が父親に投げられ首を絞められるところを見ていた。離婚後、子らはキャロルと暮らし、彼は、カリフォルニアの家やパリのアパートで独り暮らしした。夏休みの子らをヨーロッパに連れることもあったが、しだいに疎隔した。庶民の哀歓を明るく綴り続けた作家は、必ずしも温かい夫、優しい父親でなかった。息子のアラム(Aram Saroyan)(1943 - )は作家に、娘のリュシー(Lucy Saroyan)(1946 - 2003)は女優に、成長した。妻だったキャロルは、1959年ウォルター・マッソーと再婚した。1981年、前立腺ガンで、フレズノに没し、遺骨はカリフォルニアとアルメニアとに埋葬された。

ウィリアム・サローヤンは庶民の生活を明るく描いた、アメリカの作家です。ただ彼の人生は彼が描いた物語のように明るいものではなく、彼自身も大きな問題を抱えた人でした。彼の描いた物語や演劇の多くは、生まれ故郷のカリフォルニアでのアルメニア系アメリカ人の生活を中心に書かれています。サローヤンは彼のギャンブル癖もあって貧しい生活を続けていましたが、1960年代から1970年代にかけて作家として大成し大金を得て最後には負債を完済しました。ただ家族とは次第に疎遠となり、孤独な生活を送りました。作家となった彼の息子のアラム・サローヤンは父について、『和解 父サロイヤンとのたたかい』という本を書きました。彼の書いた暖かい物語は、彼が実現することのできなかった理想なのでしょう。彼の最期の言葉は、健康な人は自分が死ぬとは思わないので、一般的に誰もが考えていることだと思いますが、現実の死を前にしてはどうにもしようがなかったのでしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/597-00439da3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。