FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

My God, what's happened?

神様、何が起こったんですか?

ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)の最期の言葉。ウェールズ公妃ダイアナ(1961年7月1日 - 1997年8月31日)は、ウェールズ公チャールズの最初の妃。1996年に離婚した。1997年、パリでの交通事故により不慮の死を遂げた。それぞれ第2位および第3位のイギリス王位継承者であるケンブリッジ公ウィリアム王子およびヘンリー王子の実母。元来ドイツ発祥で、王位継承者にもドイツ系を主に外国から配偶者を迎える慣例があった同王家としては初めての、両親ともイギリス人の妃であった。ダイアナは、オールトラップ子爵ジョン・スペンサーと子爵夫人フランセスの3女として、サンドリンガム・ハウス(イングランドのノーフォークにあるイギリス王室の邸宅)で生まれた。父のオールトラップ子爵は1975年、第8代スペンサー伯爵を相続した。スペンサー家は15世紀に欧州でも有数の羊商として財をなし、チャールズ1世からスペンサー伯爵の地位を受けた。婚姻関係によってチャールズ2世とマールバラ公ジョン・チャーチルの血筋も受け継いでいる。母方のファーモイ男爵家はノーフォークの名士であった。姉にセーラ・マッコーコデールとジェーン・フェローズ、弟にチャールズ(1992年より第9代スペンサー伯爵)がいる。オールトラップ子爵夫妻はフランセスの不倫が原因で1967年に別居し、1969年に正式に離婚した。父は後に再婚したが、両親の離婚はダイアナ姉妹に大きな心の傷を与えた。ダイアナは最初はノーフォーク、後にケントの寄宿学校で教育を受けたが、極端に勉強を嫌い、成績は悪かった。ただ、乗馬や水泳などのスポーツやピアノは得意だった。16歳の時にスイスのフィニッシングスクールに入っている。母フランセスは、チャールズ皇太子と再婚したカミラ・ローズマリー・シャンド(パーカー=ボウルズ夫人)の一族、ピーター・シャンド=キッドと再婚し、父ジョンはロマンス作家バーバラ・カートランドの娘レイヌ・マッコーコデール(ダートマス伯爵夫人)と再婚した。ダイアナの姉セーラはニール・マッコーコデールと結婚した(レイヌはジョンの死後、フランスのジャン=フランソワ・ド・シャンブラン伯爵と再々婚した)。スイスから帰国したダイアナは社交界にデビューし、1978年11月にバッキンガム宮殿で開かれたチャールズ王太子の誕生日パーティーで初めて将来の夫と対面する。ダイアナがこのパーティーに招待されたのは長姉のセーラが1977年から1978年にかけてチャールズ王太子と交際していたからである。この交際はうまくいかなかったが、チャールズはスペンサー家のことはよく知っていたのである。やがてダイアナはロンドンのアパートで住むことを許され、保育士として働きはじめた。1980年7月ダイアナは再びチャールズと出会い、交際を深めていった。だが、チャールズには既に恋人のカミラ・パーカー・ボウルズがおり、カミラがチャールズにダイアナとの結婚を薦めたと言われる。1981年2月24日チャールズ王太子とダイアナの婚約が発表され、同年7月29日、20歳の時にチャールズ王太子とロンドンのセントポール大聖堂で結婚し、その模様はイギリス連邦をはじめとする世界各国で生中継され、その後も2人の動向は世界各国のマスコミで大きく報道されることとなった。1982年には長男ウィリアム・アーサー・フィリップ・ルイスが、1984年に次男ヘンリー・チャールズ・アルバート・デイヴィッドが生まれ、同じく世界各国で大きく報道された。その後もイギリス国王の世継ぎの妃としてチャールズとともに様々な王室の行事に出席するほか、日本やアメリカなど世界各国を訪れ、各地で「ダイアナ・フィーバー」と呼ばれるような熱狂的な歓迎を受けることとなった。併せて世界各国のマスコミに常に追いかけられる立場となり「理想のカップル」的な扱いを受けた。だが、将来イギリスの国王となることを念頭に、伝統に基づいたつつましやかな生活と公式行事への参加を常に優先するよう教育され、自らもそれを実践していたチャールズと、まだ20代前半で、公的な生活よりも自由奔放にセレブリティとの派手な付き合いを行うことを好んだダイアナとは、その生活様式や趣味、嗜好が合わず、次第に2人の間には深い溝ができていくこととなった。しかも結婚後もチャールズはカミラとの交際をやめず、この秘密の交際にダイアナは早くから気付いていた。このため、彼女は手首を切るリストカットや腕や太ももを傷つける自傷行為、過食嘔吐などの摂食障害を起こすようになったことを、自叙伝『ダイアナの真実』やBBCテレビのインタビューで明かしている。当時「私は二人分の食事をとっているかもしれないわ」という言葉が、「三人目懐妊か」と世界中の新聞に掲載されたが、これは実際は妊娠ではなく過食症の状況を暗示していた。なお1988年から専門医による治療を受け、これらの症状は回復したという。1997年8月31日に、フランスの首都のパリで、当時の恋人であるエジプト系イギリス人の大富豪のドディ・アルファイドとともにパパラッチに追跡された果てに、乗車したパリのリッツ・ホテルのメルセデスベンツS280のハイヤーがパリ市内のトンネル内で交通事故を起こし急逝した。36歳という若さであった。BBCでは「足に重傷を追ったが生命は無事」と報道していたものの、その後間もなく事故の際に受けた脳損傷などが原因で死去した。ダイアナの急死のニュースは世界中のマスメディアがただちに各国へ配信、世界中が驚愕することとなった。訃報が知れわたった翌日9月1日には、ダイアナの居住していたケンジントン宮殿の門前にはたくさんの人々が訪れ献花や死を悼むカードが捧げられ、各国のイギリス大使館には記帳台が設置された。ダイアナの遺体をフランスまで引き取りに行ったのは、かつての夫チャールズであった。

シンデレラストーリーというと、世の女の子の憧れの的かもしれませんが、現実の世界でお姫様を演じるのはなかなか大変なことです。ダイアナは貴族の家の生まれでしたが、一時期は保育士として働いており、チャールズ王太子との出会いは世紀の大恋愛だとされました。しかし、現実は夫の不倫による過食症に悩まされたりと、楽な生活ではありませんでした。常にマスコミに監視され続けたことも彼女に大きなストレスを与え、最期はパパラッチに追跡された果てに、乗車しハイヤーがパリ市内のトンネル内で交通事故を起こし急逝したました。36歳という若さを考えると、早すぎるシンデレラの最期でした。国葬にすべきとの世論がすぐにイギリス国内で高まったが、王室の伝統に鑑みて、トニー・ブレア首相は「国民葬」にする旨を発表しました。9月6日、ウェストミンスター寺院で国葬に準じた盛大な葬儀が行われましたが、バッキンガム宮殿に半旗が掲げられないことから「王室はダイアナの死を悼んでない」との非難も沸きあがりました。2002年BBCが行った「偉大な英国人」投票で第3位となるなど、彼女は国民から高い人気を得ており、当時の世論調査では王室について廃止意見が存続意見を上回っいただけに、王室はその対応に慎重にならざるを得ませんでした。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/601-b8359ab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)