FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

I am better now.

今少し楽になった。

ロバート・グリーン・インガーソルの最期の言葉。ロバート・グリーン・インガーソル(1833年8月11日 - 1899年7月21日)はアメリカの弁護士、政治的指導者、不可知論者である。インガーソルの父、ジョン・インガーソルは奴隷制度廃止主義者の牧師。インガーソルはニューヨーク州ドレスデンに生まれたが、父の急進的な考えによって、イリノイ州ピオリアに落ち着くまで頻繁に引っ越した。インガーソルはそこで弁護士に弟子入りし、一人で住むようになった。南北戦争の際、第11イリノイ騎兵連隊を立ち上げ、統率した。連隊はシャイローの戦いで戦ったが、その後インガーソルは捕らえられ、以後戦線に出ないことを条件に釈放された。戦後、イリノイ州検事総長を務めた。彼は当時今日よりは進歩的だった共和党の重要な党員となった。彼は党で地位につかなかったが、積極的に党の活動に参加した。彼は1876年、ジェームズ・G・ブレインの推薦スピーチをした。ブレインは当選できなかったが、推薦スピーチが評判となり、「素晴らしい夜のスピーチ (the "Plumed Knight" speech) 」と呼ばれ、政治演説のゴールドスタンダードだと言われた。インガーソルは巨大スキャンダルであったスタールート裁判に携わり、被告のニュージャージー州の男性を擁護した。無罪は勝ち取れなかったが、彼の迫力ある擁護によって法の欠点が指摘され、わずかながらも検察の理解を得られた。演説が公共の楽しみであった時代、インガーソルは演説者として知られた。彼はシェークスピアの事から南北戦争後の事まで何でも話したが、彼のもっとも得意としたのは不可知論と尊厳と組織の堕落についてであった。彼の演説は3時間以上続くこともあったが、彼はそれを暗記していた。聴衆たちは退屈することが無かったという。

インガーソルは雄弁で知られ、"The Great Agnostic."(偉大なる不可知論者)と評されたアメリカの政治的指導者です。長い間アメリカで不神論者とみなされてきたインガーソルは、敬虔なキリスト教徒の両親の元に生まれました。一般的に彼が不神論者となった理由として想像されているイメージと異なり、両親は非常に寛大なものの見方をする人でした。弁説が公の娯楽だった当時、インガーソルはアメリカで最も人気のある弁者の一人でした。彼の話の多くは自由思想やヒューマニズム、宗教的信念についてでしたが、同時に不神論者として多くの批判も受けました。インガーソルは詩人のウォルト・ホイットマンとの親交でも知られ、双方がお互いを賞賛しあっていました。ホイットマンが亡くなった時には、インガーソルは葬儀の場で賞賛を伝え、それは公表されホイットマンに対する最も有名な賛辞となりました。インガーソルの最期は、65歳の時に鬱血心不全で亡くなりました。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/610-b128a14f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)