09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Ça fait mal là or Ça fait mal ici

I feel pain here.

ここが痛い。

シャルル・ド・ゴールの最期の言葉。シャルル・アンドレ・ジョゼフ・ピエール=マリ・ド・ゴール(1890年11月22日 - 1970年11月9日)は、フランスの陸軍軍人、政治家。フランス第五共和政初代大統領。第二次世界大戦においては本国失陥後ロンドンに亡命政府である自由フランスを樹立し、レジスタンスとともに大戦を戦い抜いた。戦後すぐに首相に就任した後、1959年には大統領に就任して第五共和政を開始し、アルジェリア戦争によって混乱に陥っていたフランスを立て直した。1890年11月22日に、イエズス会学院の校長(歴史科を教えていた)を務める父アンリの元、フランス北部の工業都市リールに生まれた。父アンリは医学・理学・文学の3つの博士号を持つ碩学、熱心なカトリック教徒であったという。また、祖父ジュリアンも著名な歴史学者であったといい、ド・ゴールは幼い頃より歴史に興味を覚え、「フランスの名誉と伝統」に誇りを抱くようになったという。そして、ド・ゴールは、伝道師を目指していたものの、長身痩躯という立派な体格であった事から軍人の道を選んだ。先に述べた祖父・父親の下で愛国的かつ厳格な教育を受け、地元の中学校を卒業後、1909年にサン・シール陸軍士官学校に入学した。ド・ゴールは陸軍士官学校内では「雄鶏」(シラノ。フランスのシンボルの1つでもある)、「アスパラガス」そして「コネターブル(Connétable:「大将軍」の意)」と呼ばれていたという。これらのあだ名は身長が約2mあったという彼の体格に由来している。第一次世界大戦では大尉としてドイツ軍と戦い、1916年、大戦中最大の激戦地ヴェルダン戦で部隊を指揮した。1939年9月に第二次世界大戦が勃発、まやかし戦争と呼ばれるにらみ合いの後、1940年5月にドイツ軍のフランス侵攻が始まると、ドイツ軍は防衛方針を堅持したフランス軍が国境に用意した巨大要塞「マジノ線」を機動力のある装甲部隊で迂回して進軍し、フランス軍はわずか1か月間の戦いでドイツ軍の電撃作戦により敗北を喫した。ド・ゴールは、第二次世界大戦における緒戦の戦功により、フランス軍史上最年少の49歳で将軍となる。1941年10月25日にはジャン・ムーランと会見、一つの大きな組織「レジスタンス国民会議」を作るためムーランを極秘裏にフランス本土に派遣する。また自ら自由フランス軍を指揮してアルジェリア、チュニジアなどのフランスの植民地を中心とした北アフリカ戦線で戦い、対独抗戦を指導した。1944年6月の連合軍によるヨーロッパ大陸への再上陸作戦であるノルマンディー上陸作戦が成功すると、祖国に戻って自由フランス軍を率いてイギリス軍やアメリカ軍などの連合軍とともに戦い、同年8月25日にパリが解放された。ド・ゴールは翌26日に自由フランス軍を率いてパリに入城、エトワール凱旋門からノートルダム大聖堂まで、ドイツ軍の残党が放つ銃弾を気にすることなく凱旋パレードを行い、シャンゼリゼ通りを埋め尽くしたパリ市民から熱烈な喝采を浴びた。フランス解放後、臨時政府がフランスの統治を行うこととなり、国民議会は満場一致でド・ゴールを首相に選出した。ド・ゴールは首相になると、民衆の声望を背景に他の指導者・政党の意見を無視することが多くなり、とりわけ社会党・共産党から独裁的との批判を受けた。東西両陣営の間で冷戦が続く中、ド・ゴールはアメリカとソ連の超大国を中心とする両陣営とは別に、ヨーロッパ諸国による「第三の極」を作るべきだという意識を持ち、フランスをその中心としようとしていたことを、遺作となった回想録の中でも述べている。彼自身はヨーロッパ各国が歴史や文化的背景を無視して統合することは無理だと考えていたが、各国が共同して事に当たる連合にはむしろ積極的だった。1969年には、彼が国民投票に付した上院及び地方行政制度の改革案が否決され、その必要がなかったにもかかわらずドゴールは辞任した。この改革案自体は議会を通過させることが不可能ではなかったにもかかわらず、ド・ゴールが側近たちの反対を押し切って敢えて国民投票を行った真意は明らかではない。辞任後は地方の山村コロンベ・レ・ドゥ・ゼグリーズに住居を移して執筆活動に専念し、翌1970年11月に解離性大動脈瘤破裂により79歳で没した。そして『希望の回想』と題された回想録が未完で残された。遺言書には、「国葬は不要。勲章等は一切辞退。葬儀はコロンベで、家族の手により簡素に行うように」と記されていたが、フランス政府の希望もあり、結局国葬が執り行われた。墓地は希望通りコロンベ・レ・ドゥ・ゼグリーズにある。

ド・ゴールはフランスをドイツから取り戻した大英雄であるとともに、政治的にはかなり独裁的な人でもありました。その性格から恨まれることも多々あったようで、遭遇した暗殺未遂事件は第二次大戦中の事件も含めて31件にも及びます。彼はフランスの核武装を推進し、フランスは核保有国であり原発大国となりましたが、彼個人としては日本への原子爆弾投下のニュースを聞いた際に、「人類を破滅させることを人間に可能とするであろう手段」の登場に絶望感に襲われたと述べています。ド・ゴールは歴史や文学に通じた教養人であり、その頭の良さと文章の巧みさは、当時の政治指導者の中でもチャーチルと双璧でしょう。ド・ゴールの最期は非常に健康な状態から、急に解離性大動脈瘤破裂により亡くなるというものでした。上記の最期の言葉は、テレビでニュースを見ているときに、自分の首を指して妻に述べました。妻は医者や聖職者を呼びましたが、彼らが到着したときにはド・ゴールはもう亡くなっていたそうです。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/620-0ee64717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。