09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

立戦研議事録★6月24日 

議題:定例会議
日時:6月24日(月)18:00~19:30
場所:清心館504
参加:3名


 先週の定例会中止に依り,先々週に引き続き「戦場のピアニスト」を鑑賞する予定でありましたが,DVDの手配が完了せず,討議をする事と相成りました.当日討議致しました題材は,「戦争による技術革新とそれに伴うべき精神の革新」でありました.以下は,その討議による結論を要約した物であります.

 先の第一次・第二次世界大戦やその他の技術革新に依り,現代文明は高度な技術と其の恩恵による「物質的には」豊かなる生活を享受しつつある.
 然しながら現代人は,技術に溺れつつある.則ち,スマートフォンやインターネット等の利便なる情報媒体及び迅速なる情報伝達手段の技術革新に依り,自らで論理的に推察する事や,或いは自らで文献等の膨大なる情報から自らの求める情報を取捨選択する事で,自らの知識とする事を疎かにしつつある.此の様な技術頼みの生活に依存していると,どうしても相手に持論を的確に主張する能力が衰え,結果として精神的な活動である文芸・言論活動を始めとする文化的活動の一切が衰退してしまう.

 依って現代人は,現代の不断の技術革新に対して甘んじる事無く,不断の精神練磨を為さねば成らないのであり,そうする事に依って初めて「健康で文化的な生活」を営み,真の意味で「人間らしく生きる」事が出来るのであると考える.


文責 法学部一回生・戦史研究所見習研究員
スポンサーサイト

Category: かつどう!

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/632-38c3bbd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。