09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Oh that press will have me now!

押し潰されそうだ!

アルフレッド・テニスンの最期の言葉。初代テニスン男爵アルフレッド・テニスン(1809年8月6日 - 1892年10月6日)はヴィクトリア朝時代のイギリス詩人。美しい措辞と韻律を持ち、日本でも愛読された。リンカンシャー州サマズビーに牧師の子として生まれる。1831年までケンブリッジ大学に学び、1827年兄のチャールズやフレデリクとともに詩集『Poems by Two Brothers』を出版したが、単独の詩集『Poems Chiefly Lyrical』(1830年)はジョン・キーツの影響を示している。次いで1833年『シャロットの妖姫 The Lady of Shalott』を発表したが酷評され、以来10年間沈黙する。1832年に学友のハラム(Arthur Henry Hallam)と大陸を旅行するがその翌年にハラムが急死し、強い衝撃を受けて彼を弔う長詩『イン・メモリアム』In Memoriam A.H.H.を書き始め、十数年にわたる自己の思想の成長をも織りこんで1849年に完成させた。友人の死と進化論によって揺れ動く信仰をうたった詩であり、序詩は「つよき神の子、朽ちぬ愛よ」として讃美歌275番に収録されている。1842年『Poems by Alfred Tennyson』で名をなし1845年に年金を授与された。1847年に叙事詩『The Princess』を発表し、1850年ウィリアム・ワーズワースの後継者として桂冠詩人となった。この年に結婚している。1855年『Maud』、1859~64年にかけてアーサー王伝説に取材した『国王牧歌』や、哀れな水夫の物語詩『イノック・アーデン Enoch Arden』(1864年)、『Locksley Hall Sixty Years After』(1886年)を発表し、1884年にはテニスン男爵に叙せられた。1889年の短詩『砂州を越えて Crossing the Bar』は辞世の歌として名高い。1892年に死去し、ウェストミンスター寺院に埋葬された。葬式では愛唱した讃美歌、「聖なる、聖なる、聖なるかな」が歌われた。次男ハラム(後の第2代オーストラリア総督)が爵位を継いだ。現在、テニスン男爵の爵位は6代目のデヴィッド・テニスン(1960年生まれ)が継承している。

アルフレッド・テニスンはイギリスの桂冠詩人です。テニスンは日本でも多くの人に愛読されていますが、その評価に反して完訳がされていません。彼の作品で最も有名なのは『イ-ノック・ア-デン』でしょう。この作品だけ、なぜか9種類ほどもの邦訳があります。夏目漱石はテニスンを愛好し、帝大英文科の学生時代に、アメリカ人講師オーガスタス・ウッドのテニスンについての講義を「詩伯テニソン」と題して翻訳しています。テニスンは現在でもイギリスとアイルランドで最も人気のある詩人の一人であり、オクスフォード辞書の中でも引用数では9番目に多い人物です。彼は80代になっても創作を続け、1892年に83歳で亡くなるまでの長きに渡って桂冠詩人の座を保持し続けました。彼の辞世の詩として有名な"Crossing the Bar"「砂州を越えて」を81歳の時に作り、この詩を"Swan song"「白鳥の歌」として自分の詩集の最後に載せて欲しいと遺言しました。"Swan song"とは、白鳥は死ぬ間際に最も美しい声で鳴くという古代ギリシアの伝説を語源とし、劇の終わりに出されるイディオムや「辞世の詩」のことです。

Crossing the Bar

Sunset and evening star,
   And one clear call for me!
And may there be no moaning of the bar,
   When I put out to sea,

But such a tide as moving seems asleep,
   Too full for sound and foam,
When that which drew from out the boundless deep
   Turns again home.

Twilight and evening bell,
   And after that the dark!
And may there be no sadness of farewell,
   When I embark;

For tho' from out our bourne of Time and Place
   The flood may bear me far,
I hope to see my Pilot face to face
   When I have crost the bar.

砂州を越えて

日は沈み空には星空
  澄んだ声がわたしを呼ぶ!
砂州に嘆きはなく
  わたしは海へ踏み出す
  
波は眠るように動き
  潮は満ちて音も泡もなく
遥かなる深みより寄せて
  再び元へ戻る
  
黄昏と晩鐘の響き
  その後には暗い闇!
わたしが船出するとき
  別れの悲しみのないように

時空の境を超えて
  流れがわたしを彼方へ運ぼうとも
わが案内人に顔を合わせたい
  その砂州を越えるときに
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/633-11e09013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。