09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

(息子のジョージ5世に彼の馬が競馬で勝ったと言われて)
Yes, I have heard of it. I am very glad.

はい、それは聞いているよ。とても嬉しいね

エドワード7世 (イギリス王)の最期の言葉。エドワード7世(1841年11月9日 - 1910年5月6日)は、グレートブリテン及びアイルランド連合王国(イギリス)ならびに海外自治領の国王、インド皇帝(在位:1901年1月22日 - 1910年5月6日)。チャールズ王太子に次いでイギリス王室で2番目に長く王太子の位置にあった。王妃はデンマーク国王クリスチャン9世の娘アレクサンドラ。バッキンガム宮殿でヴィクトリア女王とアルバート王配の長男(第2子)として生まれ、1842年1月25日にアルバート・エドワードとしてウィンザー城聖ジョージ礼拝堂で洗礼を受けた。彼は生涯、バーティーというあだ名で知られていた。生まれながらの王太子であり、幼少時は虐待とも言えるほどに厳しいしつけをうけた。その反動からか、長じては母ヴィクトリアから「愚かな息子」と言われる程の問題児になる。このため、アルバート・エドワードは自分の子供達には自分が親にされたのと同じような厳しいしつけをしようとはしなかった。一方、世界各地を旅行して回り、大衆と接触して国民の間に大きな支持を得る。父アルバートの死後、母ヴィクトリアがひきこもりがちになると、代わりに公務をこなすようになった。1901年、母の崩御を受けて60歳で即位。国王となっても世界各地を訪問し、優れた外交センスで英仏協商や英露協商を成功させ「ピースメーカー」と謳われた。1910年に崩御、68歳だった。イギリスの歴史的時代区分では1901~10年のことを「エドワード朝時代」(Edwardian period/era)と呼ぶ。10年にも満たない短い「時代」だったが、イギリス人が「古き佳き時代」として憧憬するこの時代はどこまでも明るく陽気で、暗く堅苦しい雰囲気に包まれがちだった「ヴィクトリア朝時代」からの明確な脱却がさまざまな分野に見て取ることができる。イギリスではこの「エドワード朝時代」が国王の名を冠した最後の時代名称となった。

エドワード7世は子供の頃に厳しすぎる教育を受けたことからか、派手好きで奔放な性格であり、非常に女好きな人でした。女優のネリー・クリフデンやサラ・ベルナールなど、数多くの女性達と浮名を流し、一方で王妃アレクサンドラとの関係は、仲睦まじかった両親とは全く対照的に終始冷やかで険悪なものでした。彼は長年の愛人にして最愛の女性であるアリス・ケッペルを、自らの寝室に自由に出入りさせ、アレクサンドラの目前で愛情を交わし合うなどといった、陰険な嫌がらせを行ったそうです。エドワード7世の業績は英仏協商や英露協商の終結などの外交にあります。彼はフランスが好きで、1855年にパリ万博を両親と訪問した折には、フランス皇帝ナポレオン3世に向かって「フランスはすばらしい国ですね。いっそ私はあなたの子供になりたいです。」とまで述べました。彼は嫌煙家の母ヴィクトリア女王が崩御すると、即位時の晩餐会で「Gentlemen, you may smoke!」(諸君、吸おうではないか!)と宣言するほどの愛煙家で、一日に20本の煙草と12本の葉巻を吸いました。このため晩年は気管支炎に苦しめられ、亡くなる数か月前に何度か倒れましたが、 "No, I shall not give in; I shall go on; I shall work to the end."(わたしは諦めない、やり続ける、最後まで働くぞ)と言い、寝込むことを拒否しました。エドワード7世は1910年5月20日にウィンザー城のセント・ジョージの礼拝堂に埋葬されました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/637-cf1b0f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。