09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Don't worry, relax!

心配するな。落ち着け!

ラジーヴ・ガンディーの最期の言葉。ラジーヴ・ラトナ・ガンディー(1944年8月20日 - 1991年5月21日)は、インド第9代首相。母は、インドの首相を務めたインディラ・ガンディーで、父はフィローズ・ガンディー、ラジーヴは彼らの長男である。母の死に伴い、1984年10月31日に40歳という若さでインドの首相となり、1989年に辞職するまで大国インドの舵をとった。政界入りする前のラジーヴは、パイロットとしてインディアン航空に勤務し、学生時代に知り合ったイタリア人、ソニア(ソニア・ガンディー)と結婚していた。彼は、母が首相であったにもかかわらず、政治には関心が無かったが、弟で母の政治的後継者と目されていたサンジャイ・ガンディーの死により、政界入りを決意したといわれる。1984年、宗教的狂信者によって母が暗殺されたことをうけて、インド国民会議の幹部達は彼にインド首相となるよう説得した。ラジーヴは、1984年の選挙でインド国民会議を勝利に導き、議会で最多与党とした。インド国民は、腐敗の無い清潔な政治家、誠実に近代改革を行う若々しい政治家というイメージを彼に持っていた。実際、彼は政府の官僚的システムを解体し、電気通信、工業、教育システムの近代化、科学技術の発展に尽力した。外交面では、これまでのソビエト連邦寄りの姿勢から、アメリカとの関係改善に着手した。紛争中のスリランカにインド軍を派遣したが、同国の反政府組織LTTE(タミル・イーラム解放のトラ)との間で紛糾したため、結局軍を引き上げている。政治スキャンダルから、かつての清潔なイメージを失い、1989年の選挙で敗北したが、その後も1991年までインド国民会議の首班であった。しかし1991年、スリランカでのLTTE闘争に介入した事に対する復讐として、女性自爆者により暗殺された。1998年、彼の妻ソニア・ガンディーがインド国民会議首班となり、2004年の選挙で同党に勝利をもたらした。彼の息子であるラーフル・ガンディーも政界入りしている。

ラジーヴ・ガンディーはインド第9代首相ですが、姓こそ同じであるものの「インド独立の父」マハトマ・ガンディーとの血縁関係は一切ありません。彼の母はインドの首相を務めたインディラ・ガンディーで、インドの初代首相であるジャワハルラール・ネルーは祖父に当たります。母が暗殺されたことをうけて、彼は40歳のときに史上最年少でインド首相となりました。彼の母親のインディラはは1984年10月31日に、インディラは俳優のピーター・ユスティノフからインタビューを受けながら歩いている途中、2人のシク教徒の警護警官により銃撃を受け、病院に搬送される途中で死亡しました。ラジーヴ・ガンディーの最期は母親と同じく、暗殺されるという悲惨なものでした。1991年5月21日、政治キャンペーンの最中に反政府組織LTTE(タミル・イーラム解放のトラ)の女性が、彼に挨拶しに近づくと彼女は身に着けていた爆弾を爆発させました。この自爆テロによって14人もの人が死傷しました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/638-f1f95bef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。