FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Die? I should say not, dear fellow. No Barrymore would allow such a conventional thing to happen to him

死? 私は違うと言うべきだ、愛しい友よ。バリモアはそのような因習が彼の身に起こることを認めない。

ジョン・バリモアの最期の言葉。ジョン・バリモアは(1882年2月15日 - 1942年5月29日)はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身の俳優。サイレント期から活躍した映画スターの一人であり、兄のライオネル・バリモア、姉のエセル・バリモアと共に「バリモア三兄弟」として名を馳せた。ドリュー・バリモアの祖父にあたる。両親や親戚が皆舞台俳優という演劇一家に生まれた。しかし当初ジョンは画家を志し、ニューヨークの新聞社で漫画を描いたりしていた。本格的に俳優への道を歩み始めたのは23歳の時である。1909年、『The Fortune Hunter』のヒットでブロードウェイ の人気スターとなり、1914年に『An American Citizen』で映画界にも進出する。「The Great Profile(偉大な横顔)」と呼ばれた端正な風貌と、舞台で培われた確かな演技力で、『ドン・ファン』(1926年)『マノン・レスコウ』(1927年)のようなロマンティックなメロドラマから、『狂へる悪魔』(1920年)『悪魔スヴェンガリ』(1931年)などでの狂気に満ちた男まで、様々な役柄をこなした。また、舞台活動も並行して行い、特に1922年に主演した『ハムレット』は大評判となり、同作における当時の最長上演記録を作っている。20年代後半以降は映画に専念するようになった。30年代には兄ライオネルが所属していたMGM社へ移籍し『グランド・ホテル』(1932年)等に出演するが、若い頃からの過度の飲酒がたたって出演作は減り、加えて50歳を過ぎた年齢で二枚目役が困難となったため、次第に脇役へと転ずるようになる。晩年にはB級映画で自らをカリカチュアしたような役を演じるまでに落ちぶれていた。4度の結婚にもすべて失敗し、失意と貧困のうちに60歳で亡くなった。『海の野獣』(1926年)で共演し3番目の妻となった女優ドロレス・コステロとの間に生まれた長男で俳優のジョン・ドリュー・バリモアが、女優ドリュー・バリモアの父親である。

ジョン・バリモアは今となっては、最初にオスカーを獲得した兄妹である兄のライオネル・バリモア、姉のエセル・バリモアの弟としてしか知られていないかもしれません。彼は最初、喜劇でのハンサムな舞台俳優として有名になり、後にシェイクスピア劇でハムレットとリチャード3世を演じ当たりを取りました。彼の出演した映画で有名なのは『ジキル博士とハイド氏』を基にした『狂へる悪魔』のジキル博士/ハイド氏役か、アカデミー賞で作品賞と取った『グランド・ホテル』のガイゲルン男爵役でしょう。過度の飲酒癖と4度の結婚のすべて失敗したことでも分かるように、彼はかなり破滅的な生活を送った人でした。バリモアの最期はは、1942年5月29日にラジオ番組に出演しようとしているときに倒れ、病院に搬送されましたが亡くなりました。死因は、肺炎によって悪化した肝臓、腎臓、心臓病でした。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/663-1bfef2b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。