07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

皇の 道しるき世を ねかふかな わが身はこけの したにくつとも

天皇の道を治めた世を願うなあ 私の体は苔の下についたとしても

毛利登人の辞世の句。毛利登人(もうり のぼる、文政4年7月6日(1821年8月3日) - 元治元年12月19日(1865年1月16日))は、幕末期の長州藩士。名は貞武や武。号は主静庵、斤田など。吉敷毛利家の末家、毛利虎十郎(大組600石)の嫡男として誕生。長州藩主毛利敬親の世子、毛利定広(後の元徳)の小姓として在京し、勤王の志士との交流を深め、大きな影響を受けた。1864年の馬関戦争では宍戸刑部こと高杉晋作とともに、毛利出雲と称して四国連合艦隊との停戦の副使となったが、その直後の同年秋の第1次長州征伐の後に俗論派が藩論を主導するようになると、前田孫右衛門、大和弥八郎らと共に謹慎処分を受け、蟄居した。12月には野山獄に投じられ、山田亦介、松島剛蔵、前田孫右衛門、大和国之助、楢崎弥八郎、渡辺内蔵太らと処刑された。墓所は萩市東椿1647の東光寺。

毛利登人は甲子殉難十一烈士の一人である、幕末期の長州藩士です。吉敷毛利家は毛利元就の九男・秀包を祖とする一族で、毛利登人はその末家の生まれです。毛利登人は長州藩の尊攘派(正義党)の中心で、直目付という重職を担った人物ですが、反対派から危険人物とみなされ、大業を残す前に処刑されたこともあり、あまり有名ではありません。享年44歳でした。さて、他人の辞世の句にケチをつける気はありませんが、「道しるき世」というのは変わった表現です。「知る」の尊敬語に「しろしめす」という古語があり、「知っていらっしゃる」という意味の他に、「お治めになる」という意味があります。「天皇が治めた世を願う」という意味なら、「すめらぎの知しめす世を願うかな」が一般的でしょうし、「王法が知られた世を願うかな」という意味なら、「すめらぎの道知らる世を願うかな」が一般的な表現だと思うのですが。変わった表現なので意味が取りにくいです。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/678-c78c4ea6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。