07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

ちる時はちるもよしのの山さくら 花にたぐへし武士の身は

散る時には散るのも良い吉野の山桜のように 桜の花に例えられた武士の身なのだから

山田亦介の辞世の句。山田 亦介(やまだ またすけ、1809年2月2日(文化5年12月18日) - 1865年1月16日(元治元年12月19日))は、江戸時代末期の武士。長州藩士。甲子殉難十一烈士の一人。亦介は通称で、卯七とも。名は憲之、公章。号は愛山、含賞斎。大組頭山田家の嫡男。村田清風の甥にあたる。甥に初代司法大臣、陸軍中将の山田顕義がいる。長沼流兵学を学び、弘化2年(1845年)には吉田松陰(寅次郎、当時15歳)に教授している。嘉永5年(1852年)、古賀侗庵の『海防憶測』を出版した罪で隠居となり、知行も削減される。安政5年(1858年)には隠居雇として海防や軍艦「庚申丸」製造に関わり、銃士隊の編成を進言する。しかし、長州藩内の主導権を握った俗論党によって、萩の野山獄にて57歳で処刑された。墓所は東光寺。

山田亦介は甲子殉難十一烈士の一人である、幕末の長州藩士です。彼は兵学を学び、古賀侗庵の『海防憶測』を出版したことで罪に問われました。古賀侗庵は昌平坂学問所の儒者で諸子百家に通じていましたが、特に国防の重要性を訴えており、『海防憶測』はロシアに対する備えの必要とその方法を漢文で記したものです。山田亦介もまた当時の多くの長州藩士と同じく、国を憂うゆえに処刑された人です。彼は吉田松陰に教授した人物であり、生きていれば元勲になれていたでしょうが、時代がそれを許しませんでした。辞世の歌は上手いものではありませんが、散り行く武士の身を素直に詠んだものとなっています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/681-ba19aa8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。