09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

長門人の心如何にと人とはば 月日を指して教へたまへよ

長門の人の心はどうであるかと人が聞いたら 月と太陽を指してお教えしなさい

入江九一の辞世の句。入江九一(いりえ くいち、天保8年4月5日(1837年5月9日) - 元治元年7月19日(1864年8月20日))は幕末期の長州藩士。名は弘毅。通称は万吉、杉蔵。字は子遠。別名は河島小太郎。野村靖の兄。贈正四位。天保8年(1837年)、長州藩の足軽・入江嘉伝次の長男として生まれた。安政5年(1858年)、松下村塾に入門して吉田松陰に学んだ。松陰から高く評価され久坂玄瑞や高杉晋作、吉田稔麿と並んで松門四天王の一人に数えられた。同年、師匠の松陰が幕府の無勅許による日米修好通商条約締結に激怒し倒幕を表明して老中の間部詮勝暗殺計画を企んだ。このとき高杉と久坂、吉田らは猛反対したが九一だけは賛成し計画に加わった。このとき、松陰から「久坂君たちは優秀だが、度胸が無い。しかし君だけは国のために死ねる男児である」と高く評価されている。そのため、松陰が井伊直弼による安政の大獄で処刑された後も師匠の遺志を受け継いで間部暗殺計画を実行に移そうとした。しかし、幕府に察知されて弟の野村靖と共に投獄されてしまった。その後、釈放されて文久3年(1863年)、足軽から武士の身分に取り立てられた。その後は京都で尊皇攘夷のための活動を行なう一方で高杉の奇兵隊創設にも協力し、奇兵隊の参謀となった。元治元年(1864年)、禁門の変では久坂らと協力して天王山に布陣して奮戦したが敗れて久坂は自刃する。九一は何とか脱出しようと図ったが敵の銃撃を受けて負傷し、その場で切腹して果てた。享年28。志士としてのその後の活動が期待されていたが志半ばで無念の死を遂げた志士として、上善寺に手厚く葬られた。木戸孝允・大村益次郎たちによって長州藩内の桜山招魂場(現在の桜山神社、下関市上新地町)・朝日山招魂場(現在の朝日山護国神社、山口市秋穂二島)、京都霊山護国神社、東京招魂社(後の靖国神社)に護国の英霊として祀られている。

入江九一は吉田松陰の門人にして、かなり過激な尊皇攘夷派の人物です。彼は師の吉田松陰と共に老中の間部詮勝暗殺計画を企みました。間部詮勝は安政の大獄において、井伊直弼の「井伊の赤鬼」に対して「間部の青鬼」と呼ばれた人でしたが、実際には政敵との対話を進め、逮捕者の処断をめぐっては「天下の多士を失うことになる」と主張した人物でした。しかし、吉田松陰をはじめ多くの尊皇攘夷派が処刑され、運動は過激化していきました。入江の最期は禁門の変での負傷の後の切腹でした。28歳という、事をなすには若すぎる死でした。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/696-39e40573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。