07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

運は天である。死は惜しむに足らないが敵に首を渡すを好まぬ。首を切って国に送れ。

来島又兵衛の遺言。来島又兵衛(きじま またべえ、文化14年1月8日(1817年2月23日) - 元治元年7月19日(1864年8月20日))は日本の武士・長州藩士。遊撃隊総督。幼名は亀之進。初名は光次郎。諱は政久。文化14年(1817年)1月8日、喜多村政倫の次男として生まれる。天保7年(1836年)、来島又兵衛政常の婿養子となり、以後江戸で剣術修行に励む。嘉永元年(1848年)に帰国。家督を継ぐ。同年10月に手廻組に入隊。その後、藩の要職を歴任した。文久3年(1863年)高杉晋作が奇兵隊を創設すると又兵衛は遊撃隊を組織し互いに連携して国事にあたった。元治元年(1864年)の禁門の変にさいして、積極的、激烈に出兵を主張。風折烏帽子に先祖伝来の甲冑を着込み、自ら兵を率いて上洛し激戦を繰り広げた。この禁裏内の戦闘で当時薩摩藩兵の銃撃隊として活躍した川路利良の狙撃で胸を撃ちぬかれ、助からないと悟った又兵衛は甥の喜多村武七に介錯を命じ、自ら槍で喉を突いた後、首を刎ねられ死亡した。現在、山口県美祢市にある美祢市立厚保小学校には彼の銅像が建てられている。近くに来島家の生家があったためである。

来島又兵衛は幕末の長州藩士です。来島の組織した遊撃隊は高杉晋作の奇兵隊と並ぶ、尊皇過激派部隊です。周防国宮市(現山口県防府市宮市)において、町人・農民・浪士らから組織された遊撃隊は、総督は来島の他に石川小五郎らがおり、軍監に所郁太郎らが着きました。来島を狙撃した川路利良は凄い人で、彼は欧米の近代警察制度を日本で初めて構築した「日本警察の父」と呼ばれています。堂々と戦った末にこれだけの人に撃たれたなら、来島も本望でしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/697-8a10db6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。