FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

世にしばし赤き心はみすてども 散るにはもろき風のもみぢ葉

世の中にしばらく忠誠心を見捨てたとしても 散るには脆い風の前の紅葉だ

武川信臣の辞世の句。武川信臣(1845~1868)は会津藩士。家老・内藤近之助信順(2200石)の三男。二人の兄(内藤介右衛門・梶原平馬)は、ともに後の家老。信臣は温厚な性格で文武に長じ、特に和歌の道に秀でる。1868年(慶応4年)鳥羽・伏見の戦いに敗れ江戸に退く。軍勢立て直しのため彰義隊に入り信意隊長として約80名の隊士を率いて奮戦するも、利あらずに敗れて江戸市中に潜伏する。この間、見廻り組頭取・佐々木只三郎の実弟である佐々木源四郎の家で同志との打合せを重ね、再起を謀っていた。しかし、小者として使っていた宗兵衛なる者がこの会合の件を新政府軍側に密告したため、佐々木源四郎宅に踏込んできた鳥取藩兵によって捕縛される。玄関でこの乱入を止めようとした源四郎は射殺された。大名小路の獄へ入れられたが、広沢富次郎(安任)の牢室と隣り合わせとなり、やはり同獄となった覚王院義観や成川尚義、山内昇らとともに、夜になると歌会など開いていたという。彰義隊の残党ということもあってか信臣に対する獄吏の拷問は極めて苛烈で、三角木の上で正座させ、その膝の上に大石を積んでいくという「石抱きの責め」が連日行われたため、皮膚が破れて肉が裂け、骨も砕けて、周囲は血だらけになった。しかし信臣は顔色ひとつ変えず、その責めに耐えた。当時詠んだ歌として「君と親の重きめぐみに比ぶれば 千引きの石の責めはものかは」が伝わっている。明治元年10月9日、斬首。大赦令が出る、わずか3日前であった。遺体は、会津藩の御用商人であった中島屋忠次郎が小塚原回向院に葬り石碑を建てたというが、現在は何も残っていない。墓は福島県会津若松市門田町面川泰雲寺にもある。

武川信臣は幕末の会津藩士です。武川の実家である内藤家は、武田信玄麾下の内藤昌豊の流れをくむ藩内の名門で、兄の内藤介右衛門と梶原平馬は会津藩の家老にまでなりました。彼が所属した彰義隊は、徳川慶喜の警護などを目的として渋沢成一郎や天野八郎らによって結成された部隊で、幕府より江戸市中取締の任を受け江戸の治安維持を行いました。隊名は阿部杖策の発案で「大義を彰(あきら)かにする」という意味です。上野戦争とは戊辰戦争の戦闘の1つで、慶応4年5月15日(1868年7月4日)に、江戸上野(東京都台東区)において彰義隊ら旧幕府軍と薩摩藩、長州藩を中心とする新政府軍の間で戦闘が行われました。この戦いにより彰義隊はほぼ全滅し、彰義隊の残党が根岸方面に敗走しました。逃走した彰義隊残党の一部は、北陸や常磐、会津方面へと逃れて新政府軍に抗戦し、転戦を重ねて箱館戦争に参加した者もいます。彰義隊の生き残りは厳しく詮議され、武川も捕縛の後に厳しい拷問を受け斬首されました。新政府がとった彰義隊への処遇は徳川方の諸隊のなかで最も悪く、明治2年になるまで獄中の彰義隊士は自由の身にはなれませんでした。また戦闘後、上野には二百名を超える彰義隊士の遺骸が残り、徳川家の菩提寺であった芝増上寺や縁故者等が引き取りを申し出ましたが、政府はこれを許しませんでした。 しかし明治7年になると、元彰義隊士小川興郷などの願が許可され、上野に彰義隊の墓を建立し、以降毎年、上野では大規模な法会が営まれています。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/701-9c3b7d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)