09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

オイゴト刺セ、オイゴト刺セ(俺ごと刺せ)

有馬新七の最期の言葉。有馬新七(ありま しんしち、文政8年11月4日(1825年12月13日) - 文久2年4月23日(1862年5月21日))は、幕末の学者で尊攘派志士。諱は正義。号は武麿、植鈴子。真影流(直心影流)と崎門学派を学び文武両道の俊傑とうたわれた。憂国の詩文は孝明天皇の乙夜の覧に供されたとされる。薩摩藩伊集院郷の郷士・坂木四郎兵衛の子として薩摩国日置郡伊集院郷古城村(現在の日置市伊集院町古城)で生まれるが、父が城下士の有馬家の養子となったため、新七もそのまま城下士となり、鹿児島城下の加治屋町に移住した。同じく薩摩藩伊集院郷の郷士坂木六郎は叔父にあたり、達人として有名であった六郎から幼少期から神影流を伝授された。天保9年(1838年)、十四歳の元服の頃より、『 靖献遺言 』 を 研究し、崎門学派の学を修める。天保14年(1843年)より江戸で学ぶ。山崎闇斎派の儒学者山口管山の門下。安政4年(1857年)には薩摩藩邸学問所教授に就任。 文久元年(1861年)造士館訓導師に昇進。 尊皇攘夷派の志士達と多く交流して水戸藩とともに井伊直弼暗殺(桜田門外の変)を謀ったが、自藩の同意を得られなかったため手を退き、結果的に水戸藩を裏切る形となった。万延元年(1860年)に町田久成の要請を受け、伊集院郷石谷村(後の鹿児島市石谷町)を統治することとなった。新七は石谷村を治める間に、村における刑法を定め、悪事を働くものに罰として石坂(一部現存、鹿児島市の指定文化財)と呼ばれる道の建設にあたらせたり、郷士に五人組制を実施するなどの指導を行った。その後も過激な尊皇攘夷活動を続け、同志達と共に寺田屋に集っていたところを、同じ薩摩藩士らによって粛清された(寺田屋事件)。この際、小刀が折れて相手の道島五郎兵衛の懐に入り壁に押し付けた状態で橋口吉之丞に「オイゴト刺セ、オイゴト刺セ」(俺ごと刺せ)として最期を遂げた。享年38。明治24年(1891年)12月17日、明治政府より贈従四位。

有馬新七は文武に優れた、幕末の過激な尊皇攘夷派です。有馬は薩摩藩尊攘派ともいうべき誠(精)忠組に参加し、その中でも最激派でした。薩摩の剣術と言うと示現流系の流派を思い浮かべるかもしれませんが、直心影流が藩校の造士館も含め藩内で大いに稽古されており、有馬も直心影流を学びました。学問は浅見絅斎の『靖献遺言』を研究し、崎門学を修めました。『靖献遺言』は尊王思想の書として日本人に最大の影響を与えた本の一つでり、有馬の過激な尊王攘夷思想の源泉となりました。崎門学派の大きな特徴は、次の天子となるべき有徳の諸侯などが、無道な暴君や暗君を天下のために、討伐して都から追放する、いわゆる「湯武放伐」を否定したことであり、『靖献遺言』では、忠義の対象は、正統性の有無だけで決まり、自分の利害はもちろん、その反抗が世の中のためになるかどうかも全く考慮してはならないと説かれています。有馬は寺田屋事件で同じ薩摩藩士によって粛清されるという悲劇的な最期を遂げました。寺田屋事件は、江戸時代末期の山城国紀伊郡伏見(現在の京都市伏見区)の旅館・寺田屋で、文久2年(1862年)に発生した薩摩藩尊皇派等の鎮撫事件です。有馬新七らは同じく尊王派の志士、真木和泉・田中河内介らと共謀して関白九条尚忠・京都所司代酒井忠義邸を襲撃することを決定し、伏見の船宿寺田屋に集っていた所を、薩摩藩主の父で事実上の指導者・島津久光の命を受けた、特に剣術に優れた藩士(大山綱良・奈良原繁・道島五郎兵衛ら計9名)らに踏み込まれ、、“同士討ち”の激しい斬りあいとなりました。この戦闘によって討手1人(道島五郎兵衛)と有馬ら6名(有馬新七・柴山愛次郎・橋口壮介・西田直五郎・弟子丸龍助・橋口伝蔵)が死亡しました。この事件によって朝廷の久光に対する信望は大いに高まり、久光は公武合体政策の実現(文久の改革)のため江戸へと向かうこととなるのですが、維新の後に、鎮撫使側の人間の多くがは不幸な末路をたどった一方で、尊皇派の生き残りは多くが明治政府で要職に立つという皮肉な結果となりました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/711-b021e3a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。