FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

君ゆゑえに惜しからぬ身をながらへて 今この時に逢ふぞうれしき

主君のために惜しくはない我が身を生きながらえて 今この時を迎えることが嬉しかった

那須信吾の辞世の句。那須信吾(なす しんご、文政12年11月11日(1829年12月6日)- 文久3年9月24日(1863年11月5日))は、幕末期の土佐藩の郷士。名は虎吉。真吾。重民。別名に石原武之進。土佐藩の家老を務める浜田光章の三男として生まれる。幼くして父を失ったため、郷士・那須俊平の娘婿となる。田中光顕の叔父にあたる。坂本龍馬に深く傾倒し、文久元年(1861年)に土佐勤王党に加わった。文久2年(1862年)には安岡嘉助や大石団蔵らと共に尊王を無視して藩政改革、佐幕を唱える吉田東洋を暗殺した上で脱藩し、長州藩に逃亡する。文久3年(1863年)、天誅組の変に参加し、軍監を務めるが、鷲家村にて狙撃されて戦死した。享年35。武勇に優れた怪力の持ち主で、走ることにおいては馬より速いとまで噂されたという。身長は六尺(約180cm)近くあり、「天狗様」と称されたという。

那須信吾は同郷である坂本龍馬に傾倒し、土佐勤王党に加わり吉田東洋を暗殺した後、天誅組の変に参加し討死するという、大変過激な人生を送りました。養父である那須俊平は土佐随一の槍の使い手でしたが、男児に恵まれなかったので、藩内指折りの剣客であった浜田重民を娘婿に縁組させました。浜田姓から那須姓に改めた重民は、以後那須信吾を称しました。龍馬が脱藩した後、1862年5月6日(文久2年4月8日)に、帰邸途次の帯屋町にて土佐勤王党の大石団蔵・安岡嘉助らと共に、吉田東洋を暗殺しました。この事件のあと、東洋派は失脚を余儀なくされ、代わって保守派中心の政権が誕生し、土佐藩は内外に高まる尊攘運動の高まりに押される形で、勤王党の意見を受け入れざるを得なくなりました。信吾は脱藩した後、天誅組の変に参加し主将である忠光を逃すべく決死隊を編成して敵陣に突入して討ち死にしました。平和な世の中なら立派な武芸者になっていたでしょうが、時代が彼を過激な闘争へと駆り立てたようです。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/715-ca45a210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)