07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

兼て与梨思ひ初にし真心を けふ大君に徒希て嬉しき
(かねてより おもいそめにしまごころを きょうたいくんに つげてうれしき)

かねてから思い始めていた真心を 今日天皇に告げて嬉しかった

藤田小四郎の辞世の句。藤田 小四郎(ふじた こしろう、1842年(天保13年) - 1865年3月20日(元治2年2月23日))は幕末に活躍した水戸藩士。水戸天狗党の首領格。贈従四位。常陸国東茨城郡水戸(茨城県水戸市)で当時水戸藩主徳川斉昭の側用人であった藤田東湖の四男として生まれる。名は信(まこと)、字は子立。東海を雅号とし、一時期小野贇男と変えたこともある。母は東湖の妾であった土岐さき。2歳の時、母さきが暇を出され藤田家を出る。原因は東照宮の例祭でさきが妾でありながら正妻の里子と同じ帯を仕立てて出席したことによる。これは身分を弁えない無作法な振る舞いであると世間から見咎められ、夫である東湖も批判の対象となったことから、家内の混乱を心配した里子により放逐されたものである。小四郎には二人の兄(長男は早世)がいたが、小四郎は兄弟の中で最も才能があり活発であったと言われる。父東湖の影響を受け、尊皇攘夷思想を掲げて活動するようになる。1855年(安政2年)、安政の大地震により父を失う。この頃から弘道館館長の原市之進に師事する。1863年(文久3年)、藩主徳川慶篤の上洛に随従し、長州藩士の桂小五郎、久坂玄瑞をはじめ京都に集う志士と交流する。これにより更に尊皇攘夷の思想を深くし、水戸藩過激派の首領格として台頭する。1864年5月2日(元治元年3月27日)、朝廷より攘夷の勅が出されながら無策を続ける幕府に憤り、同志など60人余りが集結して筑波山にて挙兵する(詳細は天狗党の乱に記述)も失敗し、越前国新保(現在の福井県敦賀市)にて加賀藩に捕縛される。小四郎らは鰊倉に監禁された後、加賀藩から幕府へ出された処分寛大の嘆願も空しく1865年3月20日(元治2年2月23日)敦賀の来迎寺にて処刑された。享年24。尚、この来迎寺は元々町人を処刑する場所であった。処刑後、小四郎の首は武田耕雲斎らの首と共に水戸に送られ、罪人として晒されている。墓所は処刑場所となった福井県敦賀市松原町の来迎寺、および茨城県水戸市松本町にある常磐共有墓地。辞世の句は後に「義烈回天百首」(明治7年発行)に掲載されている。

藤田小四郎は水戸が誇る英傑藤田東湖の四男にして、天狗党の乱の首謀者です。天狗党の乱は元治元年(1864年)に筑波山で挙兵した水戸藩内外の尊皇攘夷派(天狗党)によって起こされた一連の争乱です。天皇の攘夷の意思により、幕府は横浜港の鎖港を表明していましたが、幕閣内の対立などから一向に実行されずにいました。憤った藤田小四郎は、幕府に即時鎖港を要求するため、非常手段をとることを決意し、62人の同志たちと共に挙兵しました。天狗党の軍資金の不足を補うために、近隣の町村の役人や富農・商人らに対し金品を徴発し、中には家々に押し入って金品を強奪した者もいました。この事態に対し、激派が藩政を握っていた水戸藩は、藩主慶篤までもが幕府が横浜鎖港を実行しない限り筑波山に立て篭る挙兵勢力の鎮撫はできないと主張していました。こうして、横浜鎖港は幕府にとっても受け入れざるを得ない情勢となりましたが、一方で老中板倉勝静・牧野忠恭らはこれが筑波挙兵の結果として受け止められることを回避するため、5月、家茂の江戸復帰を機に、水戸藩に対し筑波勢追討を命じました。元治元年6月、幕府は筑波勢追討令を出して常陸国・下野国の諸藩に出兵を命じ、直属の幕府陸軍なども動員しました。7月7日に諸藩連合軍と筑波勢との間で戦闘が始まると、士気の低い諸藩軍は敗走しました。水戸へ逃げ帰った諸生党は、筑波勢に加わっている者の一族の屋敷に放火し、家人を投獄・銃殺するなどの報復を行いました。天狗党は11月1日に大子を出発し、京都を目標に下野、上野、信濃、美濃と約2ヶ月の間、主として中山道を通って進軍を続けました。天狗党が頼みの綱とした一橋慶喜であったが、自ら朝廷に願い出て加賀藩・会津藩などの兵を従えて彼らの討伐に向いました。天狗党は慶喜が自分たちの声を聞き届けてくれるものと期待していたが、その慶喜が京都から来た幕府軍を率いていることを知り、また他の追討軍も徐々に包囲網を狭めつつある状況下でこれ以上の進軍は無理と判断し、総攻撃当日の12月17日(1865年1月14日)、払暁とともに動き出した鯖江・府中の兵が後方から殺到すると、ついに天狗党員828名は加賀藩に投降して武装解除し、一連の争乱は鎮圧されました。捕らえれた天狗党員828名のうち、352名が処刑され、水戸藩では市川三左衛門ら諸生党が中心となって天狗党の家族らをことごとく処刑しました。藤田小四郎は処刑され、首級は塩漬けにされた後、水戸へ送られ、3月25日(新暦4月20日)より3日間、水戸城下を引き回された後、更に那珂湊にて晒され、野捨とされました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/718-854d793b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。