FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

老いの身の終るいのちをしからで 世にいさをしのなきぞかなし記

年老いた身が終わる命は惜しくない 勇ましい功績がないのが悲しい

梁川星巌の辞世の句。梁川星巌(やながわ せいがん、寛政元年6月18日(1789年7月10日) - 安政5年9月2日(1858年10月8日))は、江戸時代後期の漢詩人である。名は「卯」、字は「伯兎」。後に、名を「孟緯」、字を「公図」と改めた。通称は新十郎。星巌は号。美濃国安八郡曽根村(現在の岐阜県大垣市曽根町)の郷士の子に生まれる。文化5年(1808年)に山本北山の弟子となり、同3年(1820年)に女流漢詩人・紅蘭と結婚。紅蘭とともに全国を周遊し、江戸に戻ると玉池吟社を結成した。梅田雲浜・頼三樹三郎・吉田松陰・橋本左内らと交流があったため、安政の大獄の捕縛対象者となったが、その直前(大量逮捕開始の3日前といわれる)にコレラにより死亡。星巖の死に様は、詩人であることに因んで、「死に(詩に)上手」と評された。妻・紅蘭は捕らえられて尋問を受けるが、翌安政6年(1859年)に釈放された。出身地・岐阜県大垣市曽根には梁川星巌記念館があり、近くの曽根城公園に妻・紅蘭との銅像がある。かつて学問の街といわれた大垣であるが、現在の大垣の代表的文人とされている。なお、大垣市立星和中学校の校名は、彼の名前に由来するものである。

梁川星巌は江戸時代後期の漢詩人ですが、一般的な知名度は低いと思われます。江戸時代には漢詩文が非常に隆盛したのですが、現在ではその文化的・学術的な評価は低く見られているようです。上記の思想家だけではなく、文人墨客として、備後の管茶山・広島の頼杏坪・豊後の廣瀬淡窓・美濃の村瀬藤城、江馬細香らと交友があり、勤王の志士たちからは「文の頼山陽、詩の梁川星巖」とも呼ばれるほどの尊敬を受けていました。しかし、明治以後の西洋化とその反動の日本主義の影響から、日本の漢詩文は次第に忘れられるようになりました。星巌の奥さんの紅蘭もすごい人で、結婚後すぐに星巌は、「留守中に裁縫をすること、三体詩を暗誦すること」を命じて旅に出てしまうのですが、三年後に帰ってきた星巌を迎えた紅蘭は、命ぜられた三体詩の暗誦をやってのけたばかりでなく、一首の詩を詠んだそうです。これ以降、星巌は当時としては珍しく、妻を同伴して旅をするようになったそうです。また星巌の死後、安政の大獄によって紅蘭は投獄されましたが、持ち前の気丈さを発揮して一切口を割りませんでした。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/723-3c50a656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。