FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

うき雲のかかるもよしやもののふの 大和心のかずにいりなば

憂き雲がかかるのもよいではないか武士の 大和魂の数に入るのならば

野村望東尼の辞世の句。野村 望東尼(のむら もとに、ぼうとうにとも、文化3年9月6日(1806年10月17日) - 慶応3年11月6日(1867年12月1日))は、幕末の女流歌人・勤王家。福岡藩士・浦野重右衛門勝幸の娘。贈正五位。文政12年(1829年)、福岡藩士・野村新三郎清貫と結婚。安政6年(1859年)、夫が亡くなり、剃髪して受戒。その後、福岡の南側の山村(現・福岡市中央区平尾)にあった自分の山荘に勤皇の士を度々かくまったり、密会の場所を提供したりする。彼女に便宜を図って貰った中には、勤王僧・月照、長州藩士・高杉晋作、熊本藩士・入江八千兵衛、対馬藩士・平田大江、福岡藩士・平野国臣、中村円太、月形洗蔵、早川養敬などがいる。慶応元年(1865年)6月、福岡藩で、尊攘派弾圧の動きが強くなり、孫の野村助作と共に自宅に幽閉され、10月に姫島(現・福岡県糸島市志摩姫島)へ流された。翌2年(1866年)9月、晋作の指揮により福岡脱藩志士・藤四郎、多田荘蔵らが姫島から脱出の手引きをし、下関の勤皇の豪商・白石正一郎宅に匿われ、後に三田尻(現・山口県防府市の古称)で死去した。密会場所として提供していた山荘は現在も保存されており、山荘の敷地は平尾山荘公園として整備されている。同公園内には彼女の銅像が設置されている。なお、福岡市中央区赤坂3丁目には生誕地の碑が立っている。

野村望東尼は女性では珍しい、幕末の勤王家です。福岡藩で尊攘派弾圧が行われ、140名余りが処罰を受ける中、彼女も姫島に流されました。高杉晋作の手引きにより島から脱出した後、彼女は高杉の臨終を看取ったという話があります。高杉が「面白きこともなき世を面白く」という辞世の句を詠むと、野村望東尼が「すみなすものは心なりけり」という下の句を詠み、それを聞いた高杉は「おもしろいのう」と言ってそのまま息絶えたとされています。さて、上記の辞世の句についてですが、「うき雲」はもちろん「浮き雲」なのですが、ここでは歌意を考慮して「憂き雲」としておきました。「憂き雲」などという言葉は一般的には使われませんが、彼女は和歌を大隈言道に学んだ歌人ですので、ここでは一種の掛詞として「うき雲」という表現を使ったのでしょう。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/724-f8c0ec39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)