07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

まてよ君冥土も共にと思ひしに 志はしをくるる身こそ悲しき

待てよ君冥土も一緒にと思っていたのに 少し遅れる我が身が悲しい

伊庭八郎の辞世の句とされている歌。伊庭八郎(いば はちろう、1844年(天保15年) - 1869年6月26日(明治2年5月17日))は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての武士・幕臣。諱は秀穎(ひでさと)。隻腕の剣客として知られる。天保15年(1844年)、伊庭秀業の長男として江戸に生まれる(天保14年(1843年)生まれという説もある)。「幕末江戸四大道場」の一つに数えられる御徒町の剣術道場「練武館」を開いた心形刀流宗家・伊庭家の御曹司(ただし、伊庭家では実力のある門弟が養子となって流儀を継承することが多い)にあたる。幼少の頃は剣術よりも漢学や蘭学に興味があり、剣術の稽古を始めたのは遅くなってからだったが、次第に頭角を現し“伊庭の小天狗”“伊庭の麒麟児”と異名をとるようになる。元治元年(1864年)、江戸幕府に大御番衆として登用されると直ぐに奥詰(将軍の親衛隊)となる。幕臣師弟の武術指導のための講武所がつくられると教授方を務めた。慶応2年(1866年)に奥詰が改編され遊撃隊となると、八郎も一員となる。慶応3年(1867年)10月、遊撃隊に上洛の命令が下り江戸を出立、将軍を護衛して大坂に下った後に伏見に布陣。翌4年(1868年)1月、鳥羽・伏見の戦いが勃発するが、新政府軍に敗れて江戸に敗退する。江戸帰還後、遊撃隊の一部と共に木更津に行き、請西藩主林忠崇に協力を要請する。協力に応じた請西藩士を含んだ遊撃隊は、前橋藩が守備する富津陣屋を無血開城させて武器弾薬を接収した後、房総半島の館山から出帆し、相模真鶴に上陸。その後、伊豆韮山 - 甲府 - 御殿場-甲州黒駒-沼津と転陣、途中で加盟する者も多数有ったので沼津滞陣中に遊撃隊を再編成し、八郎は第二軍隊長となる。彰義隊が上野戦争を始めるとこれに呼応。新政府軍の江戸入りを阻止するため、箱根の関所を占拠しようとして小田原藩兵と戦闘となる。一時は和睦が成立したものの、再び敵対した小田原藩と箱根山崎で戦いが起こり、三枚橋で小田原藩士・高橋藤五郎(鏡心一刀流)に左手首の皮一枚を残して斬られた。このため、以後、左手は不自由となった。江戸退却の後、八郎などの離脱者を除いた遊撃隊士は林らに率いられて奥州へ。八郎は怪我の治療を受けた後に榎本武揚率いる旧幕府脱走艦隊に投じ蝦夷地へ向けて出帆する。ところが、銚子沖で乗船「美賀保丸」が座礁し、救出された八郎は友人らの協力を得て横浜からイギリス艦で箱館へ向かうこととなった。箱館に到着後、旧幕軍役職選挙で、歩兵頭並、遊撃隊隊長となる。隻腕で有りながらも幕軍を率いて徹底抗戦を続けるが、木古内の戦いで重傷を負う。箱館病院で治療を受けるが既になす術も無く、五稜郭開城の前夜に榎本武揚の差し出したモルヒネを飲み干し自決した。享年26。命日は墓碑には5月12日と刻まれているが、田村銀之助の話から5月16日~17日とする説が有力である。墓所は東京都中野区の貞源寺。法名は秀院清誉是一居士。

隻腕の剣士伊庭八郎は、丹下左膳のような人でした。林不忘が伊庭八郎を丹下作善のモデルとしたという、事実は確認できませんが、もしかしたらどこかで意識していたのかとは思います。箱館戦争の映画を撮るなら、伊庭八郎役は、丹下左膳を演じたことで有名な大河内傳次郎さんにお願いしたいと思います(とっくに亡くなっていますが)。伊庭八郎の最期は片腕で戦い続けた末に銃弾に倒れ、五稜郭開城の直前に自害するという、小説並みの死に方でした。さて上記の歌は一般に辞世の歌とされていますが、歌意は戦死した親友に向けて詠まれたものであり、また伊庭は胸から腹にいたる重傷により、死ぬ前には口が聞けない状態であったそうなので、最後の戦いの前に詠まれたものであるとするのが妥当でしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/737-89baca00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。