07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Where is my clock?

俺の時計はどこだ?

サルバドール・ダリの最期の言葉。サルバドール・ダリ(1904年5月11日 - 1989年1月23日)は、スペインの画家。シュルレアリスムの代表的な作家として知られる。フルネームはカタルーニャ語でサルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク。「天才」と自称して憚らず、数々の奇行や逸話が知られている。ダリは1904年5月11日、スペインのカタルーニャ地方フィゲーラスで、裕福な公証人の息子として生まれた。母親も富裕な商家出身だった。ダリには幼くして死んだ兄がいて、同じ「サルバドール」という名が付けられていた。このことは少年ダリに大きな心理的影響を与えた。少年時代から絵画に興味を持ち、画家ラモン・ピショット(ピカソの友人でもあった)から才能を認められた。1922年、マドリードのサンフェルナンド美術学校に入学し、フェデリコ・ガルシーア・ロルカ(詩人)、ルイス・ブニュエル(映画監督)と知り合った。ブニュエルとは、1928年にシュルレアリスムの代表的映画『アンダルシアの犬』を共同制作した。1925年、マドリードのダルマウ画廊で最初の個展を開いた。1927年、パリに赴き、パブロ・ピカソ、トリスタン・ツァラ、ポール・エリュアール、ルイ・アラゴン、アンドレ・ブルトンら、シュルレアリスムの中心人物たちと面識を得た。1929年夏、ポール・エリュアールが妻とともにカダケスのダリを訪ねた。これが後にダリ夫人となるガラ・エリュアールとの出会いであった。ダリとガラは強く惹かれ合い、1934年に結婚した。王立サン・フェルナンド美術アカデミーの学生時代には、印象派やキュビスムなどの影響も受けていたが、シュルレアリスムに自分の進む道を見出し、1929年に正式にシュルレアリスト・グループに参加した。ダリは1938年にグループから除名されたが、その理由は彼の「ファシスト的思想」が、アンドレ・ブルトンの逆鱗に触れたからであった。1939年にはブルトンはダリの作品が商業的になっていくのをからかって,Avida Dollars「ドルの亡者」というあだ名を彼にあたえた。(これはSalvador Dalíのアナグラムであり,音声的にはフランス語avide à dallars「ドルをむさぼる」と同音である)。しかし彼の人気は非常に高かったため、グループを除名されたあとも国際シュールレアリスム展などには必ず招待された。ダリは自分の制作方法を「偏執狂的批判的方法(Paranoiac Critic)」と称し、写実的描法を用いながら、多重イメージなどを駆使して夢のような風景画を描いた。またヨハネス・フェルメールを高く評価しており、著書の中で、ほかの画家を採点したとき、フェルメールに最高点をつけている。「アトリエで仕事をするフェルメールを10分でも観察できるならこの右腕を切り落としてもいい」と述べたこともあった。第二次世界大戦後はカトリックに帰依し、ガラを聖母に見立てた宗教画を連作した。ガラはダリのミューズであり、支配者であり、またマネージャーであった。第二次世界大戦中は戦禍を避けてアメリカ合衆国に移住したが、1948年にスペインに帰国。ポルト・リガトに居を定めて制作活動を行った。1982年にガラが死去すると、「自分の人生の舵を失った」と激しく落ち込み、ジローナのプボル城に引きこもった。1983年5月を最後に絵画制作をやめている。1984年には寝室でおきた火事でひどいやけどを負い、フィゲラスに移った。1989年にフィゲラスのダリ劇場美術館に隣接するガラテアの塔で、心不全により死去。85歳没。

ダリは世界で一番有名な画家の一人です。ダリは「天才」と自称して憚りませんでしたが、彼はそれを言う資格のある人でした。彼の奇抜な行動については、多くの人が述べていますが、実際にはダリは根っからの奇人だったわけではなく、そこには自分を演出し注目を浴びようという意図が見え隠れすることもありました。とは言え、象に乗って凱旋門を訪れたり、また「リーゼントヘア」と称してフランスパンを頭に括りつけて取材陣の前に登場したりすることは、普通の人のすることではないでしょう。また独裁者フランシスコ・フランコを公然と支持したことなどは、ピカソらの顰蹙を買い、何かと世間に話題を提供することには事欠かなかったようです。好んで世間一般の常識と異なることをしたダリでしたが、妻であるガラに対しては一途であり、ほとんど崇拝していました。男性遍歴のあったガラでしたがダリは一切気にせず、生涯彼女への愛情を貫きました。しかし、1982年十歳年上だったガラが亡くなると、ダリは悲嘆にくれ翌年に発表した一作を最後に創作活動を止め、7年後に84歳で亡くなりました。残念ながらダリの最期の言葉のスペイン語の原文を見つけることはできませんでした。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/757-f27174b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。