07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

(友軍の兵士に誤って撃たれて)
Stop shooting! I’m Pat fucking Tillman, goddamnit!

撃つのをやめろ! 俺はパット・クソ・ティルマンだ、クソ!

パット・ティルマンの最期の言葉。パット・ティルマン(1976年11月6日 - 2004年4月22日)はカリフォルニア州サンノゼ出身のアメリカンフットボール選手。NFLのアリゾナ・カージナルスに在籍していたが2001年に起きたアメリカ同時多発テロ事件をきっかけに2002年5月、アメリカ陸軍に志願しレンジャー部隊に入隊した。アフガニスタンに派遣された彼は2004年4月22日、友軍の誤射で死亡した。当初彼の亡くなった経緯は隠されテロとの戦争における英雄扱いがなされた。現役NFL選手が戦死したのは1970年にバッファロー・ビルズのボブ・カルスがベトナム戦争で亡くなって以来のことで史上2人目。カリフォルニア州サンノゼに生まれた彼は1994年にアリゾナ州立大学に進学しラインバッカーとしてプレーした。ラインバッカーとしては1m80cmと背が低かったにもかかわらず彼は活躍を見せて4年次にはパシフィック・テン・カンファレンスの最優秀守備選手に選ばれた。マーケティングを専攻した学業でも彼は成績優秀でGPA3.84で3年半で卒業を果たした。1998年のNFLドラフトで7巡目でアリゾナ・カージナルスに指名されて入団した。プロ入り後彼はセイフティにコンバートされ1年目には10試合で先発出場した。その後セントルイス・ラムズから5年間で900万ドルのオファーがあったが彼はカージナルスを離れなかった。2000年に155タックル(120ソロタックル)、1.5サック、2ファンブルフォース、2ファンブルリカバー、9パスブロック、1インターセプトの成績をあげた。この年、スポーツイラストレイテッドのライター、ポール・ジマーマン(Dr.Z)は彼をオールプロに選んだ。2001年までの4年間で彼は238タックル、2.5サック、3インターセプト、3ファンブルフォース、3ファンブルリカバーの成績を残した。またオフェンスでも1回ランプレーを行い4ヤード獲得、キックオフリターンも3回行った。アメリカ同時多発テロ事件の8ヶ月後、2002年5月、彼はそれまで1年あたり51万2000ドルの契約から3年間で360万ドル以上のオファーを受けていたがアメリカ陸軍に入隊することを決意した。彼は弟のケビン(プロ野球選手になる夢を断念した。)と共に入隊し、訓練を受けた後、第75レンジャー連隊に配属されて、2003年のイラク戦争に参加した。その後アフガニスタンに派遣されていた彼は2004年4月22日にパトロール中、友軍の誤射で亡くなった。当初彼の死について軍はパキスタン国境付近の幅の狭い峡谷付近で武装勢力により頭部を撃たれて殺害されたと発表していた。彼の葬儀は全米に向けて放送された。死後5週間経過するまで彼が誤射により亡くなった事実は遺族に伏せられた。2007年4月に行われた政府改革委員会の公聴会ではアブグレイブ刑務所での捕虜虐待などの不祥事に続き事実が明らかにされた場合にイラク戦争やアフガニスタンでの軍の活動への支持低下を懸念したのではないかということが弟のケビンから指摘された。彼の死の際には義務づけられている検死解剖も行われず身につけていた装備品などがすぐさま処分されていたことも明るみになった。また2007年8月に行われた公聴会ではドナルド・ラムズフェルド元国防長官はペンタゴンが事実の隠蔽工作を行った疑いを否定した。

パット・ティルマンはアメリカン・フットボールのスター選手の座を捨てて、イラク戦争に身を投じた人でした。彼の行動は純粋に愛国心によるものであり、その志は立派なものであったのですが、その最期は味方による誤射で死亡という悲劇的なものでした。彼のカージナルスでの背番号40、アリゾナ州立大学時代の背番号42は共に永久欠番となりました。元より9.11テロがなければ、彼はNFLのスター選手のままでいたのですが、あのテロはスポーツ選手の人生をも狂わせたようです。2003年3月20日よりアメリカ合衆国が主体となり始まったイラク戦争は、正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出ましたが、後にイラク国内での治安の悪化が問題となりイラク国内での戦闘は続行しました。アメリカ兵の犠牲者は4,000人を突破し、イラク治安部隊(新イラク軍・新イラク警察)は、イラク警察だけで少なくとも8,000人から10,000人が戦死しています。当初から開戦の理由に挙げられていた、大量破壊兵器は見つからず、占領政策がつまづくと、イラク戦争は国際的な批判を受けるようになりました。正式政府が発足しても、スンナ派イラク住民とアルカーイダが対立するなど、イラクは治安の維持には大きな問題を抱えていました。2011年12月14日、米軍の完全撤収によってようやくバラク・オバマが、イラク戦争の終結を正式に宣言しました。とはいえ、この戦争の意義については未だにはっきりとしていません。果たしてパット・ティルマンは、このようなことのためにNFLでのスター選手を放棄して命を捧げたのでしょうか?
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/762-a4ac6571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。