09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Matka, biedna matka 

ママ、かわいそうなママ

フレデリック・フランソワ・ショパンの最期の言葉。フレデリック・フランソワ・ショパン(フルィデールィク・フランチーシェク・ショペーン)、1810年3月1日(2月22日(出生証明の日付)、1809年3月1日説もあり) - 1849年10月17日)は、ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家である。当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、ピアノの詩人とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いた。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人でもある。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。ショパンが最初に本格的にピアノを習ったのは1816年から1822年、指導者はチェコ人のヴォイチェフ・ジヴヌィであった。若きショパンの実力はあっという間に師匠を超えてしまったが、ショパンは後年ジヴヌィを高く評価していた。弱冠7歳の「ショパン少年 Szopenek」は公開演奏を行うようになり、瞬く間に神童モーツァルトやベートーヴェンと比較されるされるようになっていく。幼少期の知的好奇心旺盛なショパンは、まるで乾いたスポンジのように何でも吸収し、それを発展させるためならば何でも利用した。彼は早くから観察とスケッチ、鋭いウィットとユーモアの感性に目を見張るべき能力を示し、そしてものまねには秀でた才能を持っていた。1825年には演奏会でイグナーツ・モシェレスの曲を弾くとともに即興演奏で聴衆を魅了し、「ワルシャワで最高のピアニスト」と絶賛される。1829年12月にワルシャワの商人たちの会合で、彼はここでピアノ協奏曲第2番 Op.21を初演した。また1830年3月17日にはワルシャワの国立劇場でピアノ協奏曲第1番 Op.11を初演した。この頃には「練習曲集」の作曲に着手していた。1832年2月に開いた演奏会では、誰もがショパンを賞賛した。大きな影響力を持っていた音楽学者、批評家のフェティスは「ルヴュ・ミュジカル誌 Revue musicale」にこのように記した。「ここにいる若者は、完全なるピアノ音楽の刷新ではないとしても、とにかく長きに渡って希求されつつも果たされなかったこと、つまり史上かつてないような途方もない独創的発想を、誰かを範とすることなく成し遂げたのである。」そのすぐ3ヶ月前の1831年12月には、シューマンがショパンの「ラ・チ・ダレム変奏曲 Op.2」を評してこう記している。「諸君、帽子を脱ぎたまえ!天才だ。」1836年、友人であり仲間であった作曲家のフランツ・リストの愛人であったマリー・ダグー伯爵夫人のホームパーティーの場で、ショパンはジョルジュ・サンドとして知られるフランスの文筆家、男女同権運動家のオーロール・デュパン、デュドヴァン男爵夫人と出会った。1838年の夏、ショパンとサンドの関係は公然の秘密となったのであった。ショパンの病が進行するにつれて、サンドは彼の恋人というより看護師となっていった。サンドはショパンを自分の「3番目の子ども」と呼んでおり、その後の数年間は彼女はショパンとの交友関係を維持しつつも、しばしば第三者に宛てた手紙の中で彼に対する苛立ちを吐露していた。そうした手紙の中では、彼のことを「子ども」「小さな天使」「受難者」「愛しい小さな死人」などと記していた。1847年、サンドとショパンの10年に及ぶ関係は静かに終わりを迎えた。なりそめから2人の恋路を見届けたヴォイチェフ・グジマワ伯爵はこう述べている。「もし(ショパンが)G.S. (ジョルジュ・サンド)に出会うという不幸に見舞われず、彼女にその生命を毒されなかったとしたら、彼はケルビーニの歳まで生きていただろうに。」ショパンは39歳で生涯を閉じたが、その友人のケルビーニは1842年にパリで81歳で亡くなっている。ショパンのヴィルトゥオーゾとしての一般からの人気は翳りを見せ、またそれに伴って弟子の数も減少していた。1848年に彼はパリでの最後の演奏会を開く。1848年10月の暮れ、ウィシュツジニスキ医師の家で、ショパンは最後の遺言をしたためた。「万一私がどこかで急死するようなことになったら、将来私の原稿は処分等がなされるように。」と友人のヴォイチェフ・グジマワに宛てて書き送っている。1849年10月15日になるとショパンの病状は一層深刻となり、彼は紙片を要求し、そこにこう記した。「Comme cette terre m'étouffera, je vous conjure de faire ouvrir mon corps pour [que] je ne sois pas enterré vif.」(土に押しつぶされるから埋葬しないで欲しい。生き埋めになりたくないんだ。)10月17日の深夜12時過ぎ、医師がショパンの身体に乗りかかってひどく苦しいかと尋ねた。「もう何も感じない」とショパンは答えた。午前2時を回る少し前、ショパンは息を引き取った。

ショパンはピアノ曲の作曲家として、最も有名な人物の一人です。生涯を通じて肺結核に悩まされた病弱の芸術家として有名ですが、情熱的な作風の曲も多く書かれています。彼の女性との愛の遍歴は伝説を交えて多く語られていますが、特に女流作家ジョルジュ・サンドとの9年におよぶ交際の間には『24の前奏曲集』、『幻想曲』、『バラード第4番』、『英雄ポロネーズ』、『舟歌』、『幻想ポロネーズ』等数多くの傑作が生まれています。最期の言葉が複数個ある人物は多くいますが、ショパンほど最期の言葉がたくさんある人物は珍しいでしょう。そのいくつかを紹介しておきましょう。Cher ami !(親愛なる友よ!)、Play Mozart in memory of me— and I will hear you.(私を偲んでモーツァルトを演奏してください。そうしたら私にはあなたが聞こえるだろう。)。ショパンの最期を看取ることができなかった多くの人が、後になって「ショパンの最後に居合わせた」と主張するようになったとそうで、いくつもの最期の言葉が伝えられることになったようです。葬儀ではモーツァルトの「レクイエム」が歌われたのですが、これはショパンの遺言であったとも言われましたが、友人のグートマンはショパンがそのようなことを頼んだことはなく、報道の自由から生まれた架空の夢物語であるとしています。葬儀には3,000人近くの参列者がありましたが、その中にジョルジュ・サンドの姿はありませんでした。ショパンの墓には多くの人が訪れ、たとえ冬場であっても捧げられる多くの花が絶えることはないそうです。

ショパンの名曲をメドレーでどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=R9sNE8M3Zzw
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/768-3ebeda63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。