07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Il a donné des ailes au monde.

彼は世界に翼を与えた。

アンリ・ファルマンの墓碑銘。アンリ・ファルマン(1874年5月26日 - 1958年7月18日)はフランスの航空のパイオニアである。イギリスの新聞社のパリ特派員の息子としてフランスで生まれたイギリス人で、始め画家の勉強をしたが、後に自転車レースの選手、自動車レースの選手になった。 1907年にヴォアザン兄弟のヴォワザン機を購入して、当時のヨーロッパの長距離飛行の記録をたてた。 1908年5月29日、自ら設計した航空機にヨーロッパで初めて乗客を乗せた。 弟のモーリス・ファルマンとともに航空機製造企業ファルマン航空機製造を設立した。1914年のモデルは第1次大戦中は偵察機として使用された。彼の会社の飛行機ゴリアトは最初の長距離旅客機で、1919年2月18日にパリ~ロンドン間の定期航空を始め、民間航空旅客輸送業へ参入した。ファルマンは1930年代まで種々の飛行機を製作していたが、1937年のフランスの航空機産業の国営化に伴い、引退した。日本において、最初の航空機の飛行を行った機体は、グラーデ単葉機とこの1910年製のファルマン機(アンリ・ファルマン号)であった。操縦は徳川好敏大尉が行った(1910年12月19日)。代々木練兵場と陸軍所沢飛行場において試験飛行が行われこれが日本航空の発祥とされており、現在では跡地の代々木公園では記念碑が、所沢航空記念公園では航空発祥記念館が建っている。

アンリ・ファルマンはファルマン航空機製造の設立者の一人です。ファルマン航空社はリチャード・ファルマン、アンリ・ファルマン、モーリス・ファルマンの三兄弟が設立し、ファルマン兄弟は1908年から1941年までの間に200種類の航空機を開発作成しました。中でも有名な機体が1925年に開発された旅客機、爆撃機であるファルマンF.60ゴリアトで、名前の通り1000kgの爆弾を搭載し1500kmの航続距離を有する当時としてはかなり巨大な航空機でした。しかし、戦争の終結によって爆撃機に対する需要が薄れたことから、箱型の胴体を生かしてこれを旅客機に改造し、ロンドン-パリ間の最初の旅客飛行となりました。このことからも、ゴリアトは1920年代における成功した双発機であると評価されています。かくして平和利用されることになったF.60ゴリアトですが、新型の双発重爆撃機を要望する日本陸軍がゴリアトの搭載量に着目し、1921年(大正10年)から1926年(大正15年)までに合計16機(6機とする資料もある)購入し、日本初の爆撃航空隊として立川飛行場に配属されました。しかし、胴体、主翼等の構造は第一次世界大戦時の機体と大差のない旧式なものであったため、結局、内地で訓練に利用された後に、1928年(昭和3年)に全機退役し、その名に反してまたもF.60ゴリアトは軍事作戦で使われることはありませんでした。サウルは千を打ち、ダビデは万を打った。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/795-265ac97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。