09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Il n'y a pas de manque dans l'absence ; l'absence est une présence en moi.

欠如に不足はありません、欠如は私の中の存在です。

フェリックス・ガタリの墓碑銘。フェリックス・ガタリ(1930年4月30日 - 1992年8月29日)は、フランスの哲学者、思想家、精神分析学者。ジャック・ラカンのもとで学ぶが、後に袂を分かつ。1968年五月革命以降、ジル・ドゥルーズに出会う。ドゥルーズとの共著に『アンチ・オイディプス』、『千のプラトー』、『カフカ』、『哲学とは何か』がある。政治犯救済運動の推進の一方、ボルド精神病院に勤務し、精神医学改革の運動を起こしてきた。現代でも、情報論のピエール・レヴィらに大きな影響を与え続けている。主著に『精神分析と横断性』、『分子革命』、プルースト論の『機械状無意識』がある。遺著は『カオスモーズ』。カオスモーズとは、「カオス(混沌)」、「コスモス(秩序)」、「オスモーズ(浸透)」の3語を組み合わせた造語である(ただし、この言葉はガタリが造った言葉ではなくジェイムズ・ジョイスが用いた言葉である)。

フェリックス・ガタリはドゥルーズ、ネグリ等と共に、近代的社会=経済システムに最も強い批判を投げかけた思想家です。特に有名な『資本主義と分裂症』のシリーズの第1巻である『アンチ・オイディプス』では、フロイトが主張したエディプス・コンプレックスの学説に対する反論として、欲望の概念を再検討し、欲望とはそれ自体で成立している実体ではなく、ある関係の中で存在するものであるという考えを展開しました。フロイトは人間が児童から大人へ移行するときや、社会が未開状態から文明状態へと移行するときにおいて、欲望がどれほど抑圧されているかを判断の基準においていましたが、ガタリとドゥルーズは構造主義を踏まえて、欲望の抑圧は人間が原初的に備えているものではなく、社会的な発明によるものであるとしました。『アンチ・オイディプス』は、「古い価値観を打破する20世紀のルネッサンス運動」という意識を持つ民衆の反体制運動であった、フランス5月革命の落とし子とも言われています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/796-074f8da4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。