07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Δεν ελπίζω τίποτα. Δε φοβάμαι τίποτα. Είμαι ελεύθερος

Then elpizo tipota. The fovamai tipota. Eimai eleftheros.

I hope for nothing. I fear nothing. I am free.

何も欲せぬ。何も恐れぬ。我は自由なり

ニコス・カザンザキスの墓碑銘。ニコス・カザンザキス(1883年2月18日 - 1957年10月26日)は、ギリシャの小説家、詩人、政治家。異教徒であるトルコ人に支配され、やがて独立する素朴で逞しいギリシャ人とその歴史を謳い上げ、また、一人の人間として悩むイエス・キリストという斬新なキリスト像を描き出した。代表作『その男ゾルバ』、『キリストは再び十字架につけられる』、『最後の誘惑』、『オディシーア』など。 ニコス・カザンツァキと記される場合もある。カザンザキスはクレタ島北部のイラクリオン(カンジア)の農家に生まれた。1897年、当時のクレタ島の支配者であるオスマン帝国に対するギリシア人の叛乱が激化すると、一家は難を逃れてナクソス島に避難した。1906年アテネ大学法学部を優秀な成績で卒業する。在学中からアテネの新聞社でコラムを担当していたが、1906年には処女作「蛇と百合」を発表、1907年には戯曲『夜明け』が上演されている。その年に彼はパリへ向かい、アンリ・ベルクソンのもとで哲学を学ぶことになる。1911年に学友であるガラティア・アレクシウと結婚(1926年離婚)した。1912年に第一次バルカン戦争が勃発すると、志願兵として従軍した。1917年ヨルゴス・ゾルバスという男と共同で鉱山業に手を出して失敗する。この時の経験が『その男ゾルバ』の基になっている。1919年ギリシア厚生省の局長として、カフカスと南ロシアにいる約15万人のギリシア人難民の帰還事業に取組み、成功する。1922年、ウイーンで仏教の研究をする。その後、ドイツに移り、共産主義と出会う。第一次世界大戦後の荒廃した欧州の中で宗教に満たされないものを感じた彼は共産主義に希望を見出そうとした。しかし、1925年、1927年の2回にわたって訪ソして、ソビエトにおける共産主義を実際に目にすることで、マルクス主義の限界に気付く。1927年はソビエト政府の賓客として訪問しているが、この際、同じく招かれていた秋田雨雀と同行したことが秋田の日記に記載されている。1938年、12年の歳月をかけて作成した叙事詩『オディシーア』を発表する。1941年から1944年にかけて、第二次世界大戦でドイツがギリシャを占領した期間中、カザンザキスはエイナ島にて『その男ゾルバ』等の執筆を行う。1945年、セミストクリス・ソフリス内閣の無任所相として一時入閣すると共に、エレネ・サミオスと再婚した。1946年に代表作『その男ゾルバ』を発表、ユネスコの古典翻訳部長を勤める。この年以降、死去するまで、ギリシャに戻らなかった。1948年以降、フランスのアンティーブに住む。この時期に『キリストは再び十字架につけられる』、『最後の誘惑』等の後期代表作とも言うべき小説を発表している。1957年、ドイツのフライブルクで死去。遺体はクレタ島に埋葬された。共産主義よりの政治活動を行ったことや、小説内で斬新なキリスト像を提示したり、ギリシャ正教会の否定的な側面を描いたことから、当時のギリシャ国内でも評価が分かれた。小説『最後の誘惑』はカトリック教会から禁書扱いをされた。また1945年、ギリシャ作家連盟はカザンザキスをノーベル文学賞候補として推薦したが、政府の妨害で実現しなかった。実際に、1947年と1950年には候補としてノミネートされたことが判明している。最晩年の1957年にはアルベール・カミュに1票差で受賞を逃したが、このことについてカミュは後に「カザンザキスのほうが100倍以上もノーベル文学賞を受賞するにふさわしかった。」と述べている。旅好きで、生涯にわたり世界各地を訪れているカザンザキスは1935年に日本と中国を訪れ、1938年には旅行記『日本・中国』(Ταξιδεύοντας. Ιαπωνία-Κίνα)を著している。

ニコス・カザンザキスはこれまでに3つの小説が映画化されていますが、中でも有名なのは第37回アカデミー賞において助演女優賞(リラ・ケドロヴァ)をはじめ3部門を受賞した『その男ゾルバ』と、映画監督マーティン・スコセッシがイエス・キリストを悩める人間として、ユダの裏切りを神の使命として描き、物議を醸した『最後の誘惑』でしょう。『最後の誘惑』のタイトルは十字架に架けられたキリストが、マグダラのマリアとの結婚から多くの子どもをもうけ、最期は普通の人間として死ぬという誘惑があったという解釈に由来するもので、幾つものキリスト教関連団体から抗議の声があがり、上映反対運動も巻き起こりました。上記の墓碑銘は彼自身が書いたものですが、その言葉はカザンザキスはニーチェからキリスト教、仏教などの思想を貪欲に取り込み、人間の自由の意味を追い求めた彼にふさわしいものであると言えます。

故郷であるクレタ島イラクリオンにあるカザンザキスの墓。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Kazantzakisgrave.jpg
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/803-4a03c664
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。