07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

生死を断じ去って 寂寞として声なし 法海風潔く 真如月明らかなり

生と死を斬り去って ひっそりして声はない 仏法の海は潔く 真実は月のように明るい

野上房忠の辞世の句。野上房忠は戦国武将。陶晴賢亡き後を支えた陶氏の忠臣。大寧寺の変の後、筑前花尾城の相良武任を討ち取った。最期は毛利氏との戦いに敗れ、陶長房の嫡子鶴寿丸を殺害の後に自害した。

野上房忠は一般的には知名度の低い人ですが、陶氏の最後と運命を共にした人です。上記の詩にある、「法海」とは仏法の広大なことを、海にたとえていう語です。また「真如の月」とは、真如によって煩悩の迷いがはれることを、明月が闇を照らすのにたとえていう語です。よってこの詩はかなり仏教的な悟りの境地を詠んだものです。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/834-595ac083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。