09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

蝉時雨 子は担送車に 追ひつけず

石橋秀野の辞世の句。石橋秀野(いしばし ひでの、1909年2月19日-1947年9月26日)は、俳人。俳句評論家山本健吉の妻。明治42年(1909年)2月19日、奈良県に生まれる。旧姓藪。文化学院文学部(大学部本科)卒業。文化学院中学部の時、学監与謝野晶子に短歌を、高浜虚子に俳句を学ぶ。大学部では正課に俳句がなかった為、勝手に作って虚子に見てもらっていたという。昭和4年(1929年)、俳句評論家の山本健吉(本名石橋貞吉)と結婚、石橋姓となる。昭和13年(1938年)頃より、横光利一の十日会句会に参加、俳句を復活し、石田波郷、石塚友二らと相知るようになり「鶴」入会。後に「鶴」課題句の選者となり、「鶴」を代表する女流俳人として活躍する。昭和20年(1945年)には夫の島根新聞社赴任に従い島根県に移住、松江、鳥取の「鶴」俳人達と句会を催した。昭和21年(1946年)7月には夫が京都日日新聞社論説委員となったため京都に転居。しかし戦時中の疎開生活中に病に犯され、昭和22年(1947年)9月26日、京都宇陀野療養所にて逝去、39歳であった。句文集「桜濃く」(1949年)は10年間の作品と随筆12編他を追悼の意を込めて刊行され、「桜濃く」は第一回茅舎賞を受賞する。

石橋秀野は山本健吉の妻ですが、両人とも知らない人の方が多いでしょう。山本健吉は俳句の評論家として有名ですが、現代文学についての著作も多く、安岡章太郎・吉行淳之介・遠藤周作らを称するのに「第三の新人」という言葉を最初に使った人です。秀野は優れた俳人でしたが、若い頃から結核にかかっており、終戦後の昭和22年に病院に入りました。上記の句は、秀野の死の約二ヶ月前に作られたもので、入院以降は句作を禁じられたため、これが絶筆となりました。この句の前書には「七月廿一日入院」とあり、蟬時雨の鳴く中での出来事だったのでしょう。あるいは子供の鳴き声を、外から聞こえてくる蝉時雨とかけたのかもしれません。その時の情景が目に浮かんでくるような、素晴らしい辞世の句です。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/836-466bf196
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。