07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

父君に召されていなむ永遠の 春あたたかき蓬莱のしま

父君に呼ばれて行こう永遠の 春暖かい蓬莱の島

山川登美子の辞世の句。山川登美子(やまかわ とみこ、1879年(明治12年)7月19日 - 1909年(明治42年)4月15日)は、歌人である。本名・とみ。福井県遠敷郡竹原村(現小浜市)に生まれる。生家は小浜市の上級藩士の旧家筋。1895年(明治28年)、大阪のミッションスクール梅花女学校に入学、1897年(明治30年)同校を卒業。1900年(明治33年)4月、母校の研究生となり英語を専修。同年、与謝野鉄幹が創刊した雑誌明星に歌が掲載される。8月には鉄幹と、翌年鉄幹と結婚する与謝野晶子(旧姓・鳳)に出会う。この頃、「明星」の社友となった。鉄幹を慕っていたが翌1901年(明治34年)、親の勧めた縁組により山川駐七郎と結婚、翌年死別。1904年(明治37年)、日本女子大学英文科予備科に入学し1907年(明治40年)3月まで在学。その間、与謝野鉄幹らがおこした新詩社に接近し、「白百合」と題して短歌131首を収載した。1905年(明治38年)、晶子らと共著『恋衣』を刊行。1909年(明治42年)、生家で死去。

山川登美子は現在では歌人としてよりも、鉄幹・晶子との三角関係の方が有名かもしれません。彼女は鉄幹により、「白百合の君」と称される仲になったのですが、明るく奔放な晶子から略奪愛などできるはずもなく、親の勧めにより結婚し鉄幹のことは諦めました。ちなみに「白百合の君」という愛称は、登美子の「髪ながき少女とうまれしろ百合に額は伏せつつ君をこそ思へ」という歌が元になっています。彼女は晶子らと共著『恋衣』を刊行した頃から病気となり、絶望感や無常感を率直に吐露する作品を残しましたが、わずか30歳で亡くなってしまいました。死の間際に上記の歌を巻き紙に書いて、弟の山川亮に渡したものです。彼女はこの歌の他に「後世は 猶今生だにも 願わざる わがふところに さくらきて来てちる」という歌も残しています。「蓬莱のしま」とは、古代中国で東の海上(海中)にある仙人が住むといわれていた仙境のことで、不老不死の仙人が住むと伝えられています。竹取物語でも「東の海に蓬莱という山あるなり」と記され日本でも有名でしたが、彼女は蓬莱の島を天国のような場所と考えて、この歌を詠んだのでしょうか。また「いなむ」という言葉は「辞む」で、直訳すると「断る」という意味になりますが、ここでは「この場を辞す」という意味で解釈しました。出身校である梅花女学校(現:梅花女子大学)で1994年から、登美子の梅花女学校入学100周年を迎えるにあたって、「梅花・山川登美子短歌賞」が設けられています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/852-dbe5fad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。