09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

春風や 次郎の夢は まだつづく

新田次郎の辞世の句。新田 次郎(にった じろう、本名:藤原 寛人(ふじわら ひろと)、1912年6月6日 - 1980年2月15日)は、日本の小説家、気象学者。長野県諏訪郡上諏訪町(現:諏訪市)角間新田に彦、りゑの次男として生まれる。寛人のおじに気象学者藤原咲平がいる。ペンネームは“新田の次男坊”から(「しんでん」を「にった」と読み替え)。旧制諏訪中学校(現在の長野県諏訪清陵高等学校)・無線電信講習所本科(現在の電気通信大学の母体)・電機学校(現在の東京電機大学の母体)卒業。妻ていは作家。次男正彦は数学者・エッセイスト。長女の咲子も、家族を書いた小説を発表している。登山好きの皇太子徳仁親王が愛読する作家として知られる。1980年2月15日に心筋梗塞のため武蔵野市の自宅にて午前8時半頃に急死。正五位勲四等旭日小綬章。菩提は長野県諏訪市の正願寺。

小説家のプロフィールは小説家の数だけあるのですが、気象学者でありながら作家でもある人は珍しいでしょう。新田次郎の叔父は「お天気博士」の愛称で親しまれた藤原咲平であり、彼も20歳の時に中央気象台(現:気象庁)に入庁。富士山観測所に配属されました。彼の気象職員として最も知られている仕事に、富士山気象レーダー建設がありますが、気象測量機の第一人者として高山気象研究に携わりました。この時の体験を基にして書いた作品が、小説『富士山頂』です。1966年3月31日に気象庁から繰り返し強い慰留を振り切って、文筆一本に絞るため気象庁を退職し、山岳小説家の代表となりました。彼の作品は山岳小説をはじめとする「夢と挑戦」をコンセプトにしているのですが、上記の句はその作風を表したものと言えるでしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/857-07cd671a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。