FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

愛の前に死がかくまでも無力なものだとは此瞬間まで思わなかった

有島武郎の最期の言葉。有島武郎は日本の小説家。東京小石川(現・文京区)に旧薩摩藩士で大蔵官僚の有島武の子として生まれる。横浜に移り、4歳から横浜英和学校(現横浜英和学院)に通う。学習院中等科卒業後、農学者を志して札幌農学校に進学、キリスト教の洗礼を受ける。1903年渡米。ハバフォード大学大学院、さらにハーバード大学で学び、社会主義に傾倒しホイットマンやイプセンらの西欧文学、ベルクソン、ニーチェなどの西洋哲学の影響を受ける。さらにヨーロッパにも渡り、1907年帰国。このころ信仰への疑問を持ち、キリスト教から離れる。帰国後、志賀直哉や武者小路実篤らとともに同人「白樺」に参加。1916年に妻と父を亡くすと、本格的に作家生活に入り、『カインの末裔』『生まれ出づる悩み』『迷路』を書き、1919年には『或る女』を発表した。しかし創作力に衰えが見え始め、『星座』を途中で筆を絶つ。1922年、『宣言一つ』を発表し、1923年、婦人公論記者で人妻であった波多野秋子と知り合い、恋愛感情を抱く。しかし秋子の夫春房に知られるところとなり、脅迫を受けて苦しむことになる。そして6月9日、二人は軽井沢の別荘(浄月荘)で縊死心中を遂げた。

この言葉は有島武郎の5通の遺書の内の、足助素一にあてたものの一節です。明るい作風で知られる白樺派の人たちの中では、有島武郎は暗い人でした。有島武郎は「恋愛と死の堅い結婚」という言葉を秋子への手紙の中で書いていましたが、心中はその結果なのかもしれません。ただ師であった内村鑑三は「この度の有島氏の行為を称えるものが余の知人に居るならば、その者との交流を絶つ」ということを言明し、有島武郎の自殺を批判しました。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/86-36081db9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)