07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

若水や ふゆは薬に むすびしを

志太野坡の辞世の句。志太野坡(しだ やば、寛文2年1月3日(1662年2月21日) - 元文5年1月3日(1740年1月31日))は、江戸時代前期の俳諧師。別号に野馬、樗木社。蕉門十哲の一人とされ、「軽み」の俳風では随一ともいわれた。元々は両替商の三井越後屋に奉公し、番頭にまで登りつめた。宝井其角に俳諧を学んだがのちに松尾芭蕉に入門する。 「炭俵」を編集した。芭蕉没後、大阪に移り、俳諧に専念した。門人は西国四国中国に1000人を越えるほどだったという。代表的な門人に後継者でもあり保護者でもあった湖白亭浮雲、広島地方で活動した多賀庵風律がいる。湖白亭浮雲の妻は諸九尼といい、おくのほそみちを追体験した「秋かぜの記」を著した。

志太野坡は松尾芭蕉の『炭俵』を編集した人です。『炭俵』は俳諧七部集の一つで、蕉風三変論における芭蕉のかるみのよく表れたものとされています。これで評判を取った彼は、職業的俳諧師として立ち、現在の大阪市中央区農人橋の近くに住みました。彼は芭蕉に習って、中国・九州地方を行脚し、西国におおくの門弟を擁しました。その後1724年(享保9年)大火に遭い、無一文になり、高津に庵を結び、以後、生涯をここで過ごしました。経済的には不遇でしたが、蕉風の発展と門人の育成に功がありました。さて、上記の句は『三日之庵』に収録された最後の句です。なので厳密に言うと、これが辞世の句として作られたのかは分かりません。これを辞世の句として紹介している人もいますが、ここでは彼の晩年の心境を伝える句として取り上げました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/863-8d2e7c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。