FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

消安し 都の土ぞ 春の雪

図司呂丸の辞世の句。図司呂丸(ずし ろがん ?-1693)は、江戸時代前期の俳人。出羽羽黒手向の山伏法衣の染物師。松尾芭蕉の「おくのほそ道」の旅に,出羽三山を案内。元禄5年伊勢詣での途中、江戸深川に芭蕉をたずね、「三日月日記」の草稿をおくられた。元禄6年2月2日京都の各務支考宅で死去。通称は左吉。別号に啁栢堂、栢堂。著作に「聞書七日草」。

図司呂丸は本業は山伏法衣の染物師でしたが、俳人としては羽黒俳壇の第一人者でした。芭蕉が「奥の細道」の旅の途中羽黒に滞在した折、最初に訪ねたのがこの呂丸宅であり、彼はすでに名の通った俳人でした。呂丸は芭蕉との出会いに感激し、羽黒山滞留の間、会覚阿闍梨の意を受けて丁重に接待しました。その後、芭蕉の「存命のうちにもう一度お目にかかりたい」の言葉に応じて、同年8月に江戸に出向き、芭蕉と3年ぶりの再会を果たしました。彼はさらに、美濃、伊勢と西国を旅し、元禄6年に京都に去来を尋ねましたが、その後すぐに病に倒れ、当所で客死しました。烏崎稲荷神社境内には、呂丸百回忌の寛政5年(1794年)2月に建立された、呂丸追善句碑があります。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/872-59e4944d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。