09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

花も見つ郭公をもまち出でつ この世後の世おもふ事なき

花も見てホトトギスも待てば出た この世のことも来世のことも思うことはない

北村季吟の辞世の句。北村季吟(きたむら きぎん、寛永元年12月11日(1625年1月19日) - 宝永2年6月15日(1705年8月4日))は、江戸時代前期の歌人、俳人、和学者。名は静厚、通称は久助・再昌院、別号は慮庵・呂庵・七松子・拾穂軒・湖月亭。出身は近江国野洲郡北村(現在の滋賀県野洲市)。祖父の宗龍、父の宗円を継いで医学を修めた。はじめ俳人安原貞室に、ついで松永貞徳について俳諧を学び、『山之井』の刊行で貞門派俳諧の新鋭といわれた。飛鳥井雅章・清水谷実業(しみずだにさねなり)に和歌、歌学を学んだことで、『土佐日記抄』、『伊勢物語拾穂抄』、『源氏物語湖月抄』などの注釈書をあらわし、元禄2年(1689年)には歌学方として500石にて子息湖春と共に幕府に仕えた。以後、北村家が幕府歌学方を世襲した。俳諧は貞門派の域を出なかったが、『新続犬筑波集』、『続連珠』、『季吟十会集』の撰集、式目書「埋木(うもれぎ)」、句集「いなご」は特筆される。山岡元隣、松尾芭蕉、山口素堂など優れた門人を輩出している。台東区池之端の正慶寺に季吟の墓(東京都史跡)があり、墓石正面に「再昌院法印季吟先生」、墓石側面に「花も見つ 郭公(ほととぎす)をもまち出でつ この世 後の世おもふ事なき」と辞世の句が刻まれている。末裔に、元サッカー日本代表で数学者の北村春吉がいる。

北村季吟は歌人であり俳人であり、当代きっての知識人でした。彼は言葉遊びの域を出なかったとされる貞門俳諧と芭蕉の正風俳諧との橋渡しをした人です。祖父宗竜、父宗円ともに近江野洲郡北村の医師であり、彼自身も元々は医者でした。彼は京のあらゆる階層の人々に古典を講釈し、俳諧を指導しました。その業績は次第に古典注釈の方に偏りをみせるようになり、講釈がそのまま注釈書として刊行されました。『大和物語抄』『土佐日記抄』『伊勢物語拾穂抄』『徒然草文段抄』『源氏物語湖月抄』『枕草子春曙抄』『八代集抄』『百人一首拾穂抄』など、非常に優れた古典の注釈書をいくつも残しました。新玉津島社の神官となる天和年間(1681~84)には、俳業はほとんど廃して古典注釈に没頭しています。季吟は穏当な性格だったようで、強烈な個性で歌壇や俳壇を形成しようという意志はなく、本領はやはり古典研究の方にあったようです。辞世の歌はさすがによくできており、これだけ分かりやすく率直に自分の人生を振り返って、その想いを詠めるのは見事だと言えるでしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/873-8fa655e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。