07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

初夢や 通天のうきはし 地主の花

山口素堂の辞世の句。山口 素堂(やまぐち そどう、寛永19年5月5日(1642年6月1日) - 享保元年8月15日(1716年9月30日))は、江戸時代前期の俳人である。本名は信章。幼名は重五郎、通称は勘(官)兵衛、あるいは市右衛門。字は子普、公商。生まれは甲斐国巨摩郡上教来石村(現・北杜市、旧北巨摩郡白州町)であるといわれるが、元禄8年(1695年)に甲斐を旅した『甲山紀行』によれば甲斐は亡妻の生地と記されており、異説もある。家業として甲府魚町で酒造業を営む家庭に生まれ、幼少時に甲府へ移る。20歳頃に家業の酒造業を弟に譲り江戸に出て林鵞峰に漢学を学び、一時は仕官もしている。俳諧は寛文8年(1668年)に刊行された『伊勢踊』に句が入集しているのが初見。延宝2年(1674年)、京都で北村季吟と会吟し和歌や茶道、書道なども修める。翌延宝3年(1675年)、江戸で初めて松尾芭蕉と一座し深川芭蕉庵に近い上野不忍池や葛飾安宅に退隠し、門弟ではなく友人として以後互いに親しく交流した。晩年には「とくとくの句合」を撰している。元禄8年(1695年)には甲斐を旅し翌元禄9年(1696年)には甲府代官櫻井政能に濁川の開削について依頼され、山口堤と呼ばれる堤防を築いたという伝承がある。漢詩文の素養が深く中国の隠者文芸の影響を受けた蕉風俳諧の作風であると評されており、延宝6年(1678年)の『江戸新道』に収録されている"目には青葉 山ほととぎす 初鰹"の句で広く知られている。門人に山口黒露がいる。

山口素堂は芭蕉の門人ではなく友人だった人です。彼は多才な人物で、俳諧だけでなく、和歌や茶道、書道など諸芸に通じていました。彼の句でもっとも有名なのは、春から夏にかけて江戸の人々が最も好んだものを詠み込んだ、"目には青葉 山ほととぎす 初鰹"でしょう。この句が一躍有名となり、江戸っ子の間では、初夏に出回る「初鰹」を食べるのが粋の証となりました。上記の句についてですが、「通天のうきはし」とは、天に届く浮橋という意味で、ここでは前の「初夢や」の句と合わせて、『源氏物語』の最後の巻「夢浮橋」のことを詠み込んでいます。『源氏物語』は、結末を読者の想像にゆだねる「開けたままの終結」をしており、素堂もまた自己の人生の終結に終わることなく終わりを告げるような感慨を抱いていたようです。「地主の花」の地主とは、土地ごとにそれぞれにいる地主神のことで、その花とは世阿弥の謡曲『田村』に「それ花の名所多しといえども 大悲の光色添うゆえか この寺の地主の桜にしくはなし あらあら面白の地主の花の気色やな 桜の木の間に洩る月の 雪もふる夜嵐の 誘ふ花とつれて散るや 心なるらむ」とあるので、ここでは恐らく京都の自主神社の桜のことのようです。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/875-dee96143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。