09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

鶯の 暁寒し きりぎりす

宝井其角の辞世の句。宝井其角(たからい きかく、寛文元年7月17日(1661年8月11日) - 宝永4年2月30日(1707年4月2日。一説には2月29日(4月1日))は、江戸時代前期の俳諧師。本名は竹下侃憲(たけした ただのり)。別号は螺舎(らしゃ)、狂雷堂(きょうらいどう)、晋子(しんし)、宝普斎(ほうしんさい)など。江戸堀江町で、近江国膳所藩御殿医・竹下東順の長男として生まれた。延宝年間(1673年 - 1681年)の初めの頃、父親の紹介で松尾芭蕉の門に入り俳諧を学ぶ。はじめ、母方の榎本姓を名乗っていたが、のち自ら宝井と改める。蕉門十哲の第一の門弟と言われている。芭蕉の没後は日本橋茅場町に江戸座を開き、江戸俳諧では一番の勢力となる。なお、隣接して、荻生徂徠が起居、私塾蘐園塾を開いており、「梅が香や隣は荻生惣右衛門」 の句がある。宝永4年(1707年)、永年の飲酒が祟ってか47歳の若さで亡くなっている。

宝井其角は芭蕉の門下の中でも、最も才知に長けた人の一人です。彼は博覧強記でその作風は派手なものであり、平明かつ口語調の洒落風を起こしました。15歳ごろから松尾芭蕉に俳諧を学び始め、ほとんど同時期に大顛和尚に詩学と漢籍を、草刈三越に医学を、佐々木玄竜に書を、英 一 蝶に絵を学ぶという多才ぶりを発揮しました。其角は芭蕉とは違い酒を好み、その性格からも早くから蕉門の中心人物となりました。後年芭蕉は「草庵に梅桜あり、門人に其角嵐雪有り」と記していますが、その趣向は「わび」「さび」を特色とする芭蕉の俳諧とはかなり異なっており、閑寂や幽玄を好む日本的な美意識からすると一段劣っていると見られてきたことも事実ではあります。とはいえ彼が芭蕉の門弟の筆頭であったことは確かで、元禄7年大坂で芭蕉の死にたちあい、追善集「枯尾花」を刊行しています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/878-2b35701a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。