07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

朝霜や 杖でえがきし ふじの山

松木淡々の辞世の句。松木淡々(まつき・たんたん 生年: 延宝2(1674)
没年: 宝暦11.11.2(1761.11.27))は、江戸中期の俳人。幼名熊之助、のちに伝七。初号因角,のち渭北。別号半時庵。大坂西横堀阿波屋の子として生まれる。初め椎本才麿門。元禄13(1700)年江戸に出て立羽不角に師事し、やがて榎本其角を師とするに至る。宝永1(1704)年奥州に行脚,『安達太郎根』を編み、同3年3月に万句興行をして判者となる。翌年に其角が没してすぐ淡々と改号。同5年『其角一周忌』を編み、秋に京都へ移住した。正徳5(1715)年『六芸』を編み、夏には東下、その折の俳筵の記録『十友館』を帰京後刊行し、俳活動は活発化する。翌享保1(1716)年、洛東鷲峰山の中腹に半時庵を営み、翌2年に『にはくなぶり』の恋百韻を独吟し、京俳壇における地位を確立した。 神沢杜口の随筆『翁草』が、「そもそも洛の俳諧を中興せしも淡々、邪にせしも淡々なり」と評するように、連句において付合を無視して一句のたくみをもっぱらにする「一句立」を導入、世に迎えられた。同11年の『春秋関』を始めとする高点付句集は、前句はすべて省略され、付句のみを収めたものである。天明期に三宅嘯山の一派が批判するまで、淡々らの高点付句集は大衆の支持を得ることになる。同18年,江戸に下って、五色墨連中と交流し『紀行俳談二十歌仙』を編み、翌年、故郷大坂に門戸を張り、その門流は代々八千坊(房)を名乗り、「浪花ぶり」と称された。享保の上方俳壇に君臨した淡々は、経営の才があり、生活も豪奢を極め、性格ははなはだ俗臭を帯びていたといわれる。その俳風は、晦渋で、高踏を装って人を弄するところがあり、詩としての価値は認められない。代表句は「口癖のよし野も春の行衛哉」など。

松木淡々は俳諧を中興させた人であり、同時に世俗化させた人でもあります。元々俳諧は連歌の発句を独立させたものなのですが、中世に興隆した連歌は非常に厳しい規則を持つ、厳格に洗練された知的な文芸でした。その流れを汲む俳諧も、一巻の連句において同季・同字、または同種・類似の語が頻出しないように設けられた去嫌などの、厳しい格式を持ちましたが、淡々はそういった規則を取り払ってしまい、これにより誰でも簡単に俳諧を詠めるようになり、世間に広く流行するようになりました。しかし、これにより俳諧という文芸が世俗化してしまい、文学としての格調高さが失われたという評価も受けました。恐らく、淡々が俳人として芭蕉のように高く評価されることはないでしょうが、彼は蕪村やさらには一茶のように世俗なものをも取り込んで、独自の文学を作り上げた俳人を生み出す土台を作った一人であるとは言えるかもしれません。上記の句は「『浪華百事談』に、「此句は何にても我が辞世なりと云おかれしが、果して霜月二日に寂せられき〟」として載せられており、死ぬ間際に詠んだ句ではありませんが、彼の会心のできだったらしく、当人が辞世の句だといっているので取り上げました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/900-b59b236d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。