07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

花清し 散ても浮む 水のうへ

桜田治助(初代)の辞世の句。桜田治助(さくらだ・じすけ 生年: 享保19(1734)~没年: 文化3.6.27(1806.8.11))は、江戸歌舞伎中興の祖と位置づけられる歌舞伎狂言作者。初名田川治助、津村治助、堀越治助。俳名左交。江戸本石町一丁目河岸の薪炭商の子。通称を笠屋善兵衛、幼名治三郎などと伝えられるが不詳。狂言作者三宅(津村)清蔵の世話で劇界に入り、25歳で狂言方見習いとなる。29歳から4年間京都で修業し、江戸に戻ってのち明和4(1767)年11月3代目市川団蔵の取り立てで立作者となる。2年後には4代目市川団十郎を中心とする「市川揃え」と呼ばれる大一座の作者に抜擢され、安永2(1773)年11月の「御摂勧進帳」の大当たりで人気作者の地位を不動にする。「天明ぶり」を代表する作風で、ことに4代目松本幸四郎に書いた顔見世狂言二番目の世話場「雪ふりの場」などは、洒落た台詞、華やかな趣向、思い付きのよい見立てなどで人気を呼び、「花の江戸の桜田」とたたえられた。52歳から3年ほど劇界を離れたが、復帰してのちは73歳で死ぬまで台本を書いた。最盛期は安永~天明期(1772~89)で、戯作者の山東京伝と共に、町人出身の作者として文壇、劇壇に新風を起こした。 根っからの芝居好きで、勘当されて預けられた上野国佐野(高崎市)でも、手習いの師匠をしながら子供たちに芝居を教えたという。また、大の吉原好きで、毎夜廓に行かねば寝られなかったともいう。芝居と遊里が生んだ作者であった。江戸の豊後節浄瑠璃の作詞もよくし、常磐津の「戻駕色相肩」、富本の「花川戸身替の段」などに、その特色がよく表されている。語り物としての浄瑠璃のなかに、局面本位の長唄の所作事の小唄尽くしの性格を取り込み、舞台面に多彩な変化を可能にした。また、浄瑠璃の詞章に漢語や俗語を入れた壕越二三治の「菜陽風」を慕い、その堅い表現を廓言葉などで和らげ洗練した。その作風は「桜田風」と呼ばれ、没後、本所柳島妙見(法性寺,墨田区業平)に治助の辞世の句「花清し散ても浮む水の上」を刻んだ浄瑠璃塚が建立された。桜田風は、門弟の福森久助、2代・3代目桜田治助らの所作事のなかに継承されていった。

桜田治助は歌舞伎作者で、4世まで継承されました。彼ははじめ市村座の狂言作者となり、上方で修業ののち江戸へ戻って三代目市川團蔵付き作者、のち四代目市川團十郎一座の立作者となりました。治助の代表作は『御摂勧進帳』(ごひいき かんじんちょう)でしょう。弁慶が番卒の首を大きな樽に放り込んで芋洗いのように棒でかき回す幕切れから、俗に「芋洗い勧進帳」と呼ばれるこの作品は、1773年(安永2)11月江戸の中村座で初演を向かえました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/902-25918202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。