FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

二三百を生きやうと思ひしに 八十五にて不時の若死に

英一珪の辞世の句。英一珪(はなぶさ-いっけい 1759-1844)は、江戸時代中期-後期の画家。宝暦9年生まれ。英一川の子。高嵩谷の門人で、師命で英家を再興した。天保14年12月21日死去。85歳。享年には92歳,96歳説もある。江戸出身。名は信重。

江戸の画壇の中で英派は、狩野派や琳派と比べてすでに忘れられた感がありますが、英派は軽妙洒脱な風俗画を確立した一派でした。英派の初代は英一蝶で、そこから一舟→一川からこの一珪へと続いています。上記の辞世の歌について、特に解釈の必要はないでしょう。一珪はこの歌の他に、「百まではなんでもないと思ひしに、九十六ではあまに早死」という、これまた非常に分かりやすい歌も辞世として残しています。この二つの辞世の享年がバラバラであることについては、諸説があるようではっきりしていません。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/903-458e60a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。