07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

正月四日 よろづ此の世を 去るによし

秋の坊の辞世の句。秋の坊(あきのぼう、生年不詳 - 享保3年1月4日(1718年2月3日))は、江戸時代の松尾芭蕉の門人である俳人。別号は寂玄。加賀国出身で、加賀藩士であったが、志を得ず隠退して出家し、日蓮宗蓮昌寺境内に秋日庵を結んで住んでいた。元禄2年(1689年)、奥の細道の旅で芭蕉が金沢に立ち寄った際に入門した。極めて貧しく、友人に乞うて食していた。ある時、炭が無くて困った時、「寒ければ山より下を飛ぶ雁に物打になふ人ぞ恋しき」と、「炭」の字を隠した歌を贈って炭を乞うた。またある時、友人に早生米を求めて、その来る日に早生米の粥を食させるとして客を招いたが、米が来ず、主人客ともに困ったという話など奇行が多かった。享保3年(1718年)正月4日、辞世に「正月四日よろづ此の世を去るによし」と言い、瞑目したという。蓮昌寺の過去帳によればこの死亡年月日に誤りはないという。墓は蓮昌寺境内にある。

秋の坊は僧侶でり俳人でもあった人です。加賀金沢藩士であったが出家し、芭蕉に入門しました。元禄3年(1990)夏に彼は近江の幻住庵に芭蕉を訪ねました。芭蕉は「我宿は 蚊の少なきが 馳走かな」と吟じて秋の坊を留め、別れには「やがて死ぬ 景色に見えず 蝉の声」と詠んだそうです。上記の通り、秋の坊の辞世の句は自分の死期を詠んだものですが、記録ではその通りになったようです。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/905-95f5b71d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。